週刊文春 電子版

千葉難関高 校長の女生徒セクハラ疑惑で教師が決起

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 教育

〈ほとんど人のいない放送室の中で校長先生が私に近寄ってきて、ニヤつきながら「背低めだね。ちょうどうちの奥さんと同じくらいの高さだよ〜」と言った〉

 これは千葉県の私立市原中央高校で高校2年生の女子生徒・Aさんがセクハラを訴えた文章の一部である。

 同校は昨年実績で国公立大28名、有名私大に60名以上の合格者を出す偏差値約60の難関校だ。「社会の良心たる人物たれ」と謳い、人材育成にも力を入れる。

 校長は日髙学氏。県の公立校で校長を務め、2019年に校長に就任した。

日髙校長(学校HPより。現在は削除)

 日髙氏による“セクハラ疑惑”が持ち上がったのは、今年3月のこと。発端はAさんが提出した学校生活に関するアンケートだった。彼女は「『セクハラ』と思われる言動を先生から受けたことがある」という質問の「ある」にレ点を振り、別紙で実際に受けたハラスメントの内容を申告した。

Aさんのアンケート

〈令和3年10月〜11月頃、校内見学会の配布資料作成にあたって、廊下で先生数人、生徒複数人で作業していた時にいきなり近づいてきて、背後から耳元で何かを囁いた。私はいきなりの出来事に驚いて、「うわあ!」と声をあげてしまった〉

 この“囁き現場”はある男性教員が目撃していた。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月29日号

文春リークス
閉じる