週刊文春 電子版

メタノール毒殺 エリート夫40歳「暴力と女」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

「自分から取り組む探求心があり、朝から晩まで熱心に研究をしていた。周りも認める優秀な研究員でした」

 こう語るのは9月16日、妻にメタノールを飲ませて毒殺した容疑で警視庁に逮捕された、吉田佳右容疑者(40)の元上司である。

最近は痛みを和らげる研究をしていたという吉田

 製薬大手・第一三共社員で、品川研究開発センターに所属していた吉田。今年1月、大田区の自宅で妻・容子さん(40)を、毒殺した疑いがもたれている。

大学院時代の容子さん(所属研究室HPより)

「容子さんはベッド脇で倒れている状態だった。吉田は自ら119番し、任意の聴取には『二日酔いだと思った』などと語っていた。だがメタノールの服用が死因と判明し、状況からして夫以外の第三者が混入させることは不可能とみて犯行を断定した」(捜査関係者)

犯行現場となった自宅マンション

 メタノールは無色透明の液体だ。多量に服用すると嘔吐や血圧低下、呼吸困難から死に至る。

「吉田はメタノールを入手できる立場にあり、研究所から持ち出し、妻が愛飲していた焼酎に混ぜて飲ませたとみられる。遺体にはのたうちまわって苦しんだことを示す皮下出血が複数あり、残忍な手口だった」(同前)

 第一三共は日本の製薬業界を代表する企業で、2021年度の売上高は連結で約1兆448億円。社員の平均年収は1000万円余りだ。経済的余裕も十分にあったはずのエリート研究員は、なぜ凶行に走ったのか。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年9月29日号

文春リークス
閉じる