週刊文春 電子版

「森会長はボケてる」女性演出家を排除 黒幕は電通No.2 MIKIKO氏「日本は終わってしまう」

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治 企業 スポーツ
MIKIKO氏の悲痛な訴えは……
MIKIKO氏の悲痛な訴えは……

 侮辱演出案は組織委員会の抱える問題の一端に過ぎない。渡辺直美も絶賛する女性演出家MIKIKO氏を排除し、入社同期を責任者に据えた電通ナンバー2。会長だった森氏すらバカにする男が仕切る「電通五輪」の闇とは――。

 ここに、ある女性が悲痛な訴えを記した、1通のメールがある。

〈去年の6月に執行責任を任命され、全ての責任を負う覚悟でやってきました。どんな理不尽なことがあっても、言い訳をしないでやってきました。/それを一番近くで見てきたみなさんはどのような気持ちでこの進め方をされているのでしょうか?/コロナで世界がこの様な状況になって、やっぱり一番大切にしないといけないのは信頼関係だと信じて止みません。

 本当は、このままフェードアウトするのが平和なやり方なのかな?とも悩みました。/でも、またこのやり方を繰り返していることの怖さを私は訴えていかないと本当に日本は終わってしまうと思い、書きました〉

 昨年10月16日付のメールの差出人は、演出振付家のMIKIKO氏(43)。2019年6月から昨年5月まで、東京五輪開閉会式の演出を指揮する「執行責任者」を務めていた人物だ。

 しかし五輪の1年延期を機に突如として、責任者は電通出身のCMクリエイター、佐々木宏氏(66)に代えられ、MIKIKO氏は蚊帳の外に置かれていく。

辞任した佐々木宏氏
全ての画像を見る(12枚)

 開会式の演出案はどうなるのか、自らが率いていた約500人のスタッフやキャストたちの処遇は……MIKIKO氏には気掛かりなことが山積していた。ストレスで体調も悪化していく中、佐々木氏や、それまで手を携えてきた電通の担当者らからの連絡は滞ったまま。苦悩を深めたMIKIKO氏は意を決し、電通幹部や関連会社の五輪担当者ら10名に、これまでの経緯や正直な想いを綴ったメールを送信したのだった。

それだけではない。

 彼女が綴ったメールには開会式の責任者を佐々木氏に交代させ、演出の現場からMIKIKO氏を“排除”していった人物の名も記されていた。それは、広告業界の巨人、「電通」でナンバー2のポジションに座る最高幹部である――。

 小誌は3月17日夕方配信の電子版で、開会式の演出を仕切る「総合統括」だった佐々木氏が、タレントの渡辺直美の容姿を侮辱するプランを提案し、撤回に追い込まれていたことなどを報じた。渡辺を「オリンピッグ」というキャラクターに喩える問題の案について、佐々木氏は〈私のアイデア及び、発言内容に、非常に不適切な表現がありました〉などと謝罪。18日に責任者を辞任した。

鳥肌モノのMIKIKO案とは

YouTubeで発信した渡辺直美

 一方、当の渡辺も19日、自身のYouTubeチャンネルで本件に言及している。もし“ピッグ案”を依頼されても「絶対断ってますし、その演出を批判すると思う」と断言。加えて19年の年末にMIKIKO氏から開会式の出演依頼を受けていたことを明かし、MIKIKOチームの企画案を「めちゃくちゃ鳥肌。格好良すぎて」と絶賛したのだ。

渡辺直美も絶賛したMIKIKO氏の演出案

「MIKIKOチームの案では、渡辺は過去の五輪の象徴的な場面を振り返りつつ、現代へ誘う役割を担っていました。ただ、渡辺の登場シーンのストーリーについて、IOCからは『もう少し工夫を』とも指摘されていた。そこでMIKIKO氏が佐々木氏に『ストーリー作りができる人材を紹介してほしい』と相談。もともとパラリンピックを担当していた佐々木氏が、昨年1月頃から五輪開会式の演出に参加するようになったのです」(組織委関係者)

 その佐々木氏が、侮辱演出案を持ち出したのは昨年3月5日のこと。開会式の演出案を検討するメンバー内のグループLINEでのやり取りだった。

 そもそも佐々木氏の提案に対し、真っ先に〈容姿のことをその様に例えるのが気分よくないです〉と反対意見を述べたのは、グループでただ1人の女性、MIKIKO氏だった。彼女の発言が、侮辱演出案を未然に防いだのは間違いない。

 ところが、この「僅か2カ月後」に彼女は責任者の座を降ろされたのである。

 組織委幹部が言う。

「MIKIKO氏が責任者を外されたのは、彼女が“わきまえない”女性だったから。広告業界で“クリエイターの天皇”の異名を取る佐々木氏に反論する人など、なかなかいない。そんな自分にモノ申すMIKIKO氏が、佐々木氏は煙たかったからでしょう」

 責任者が自ら侮辱演出案を提示してしまう組織委の体質。これまでも、エンブレム問題など不祥事が起こるたびに“トカゲの尻尾切り”で済ませてきた。今回もそれは同じだ。佐々木氏辞任でも、組織委の体質は何ら変わらない。なぜか。

「佐々木氏を責任者に指名し、MIKIKO氏の排除を主導した“黒幕”がその後も、東京五輪を仕切っているからです」(同前)

 その“黒幕”こそ、電通代表取締役という立場の髙田佳夫氏(66)である。

電通代表取締役の髙田氏(HPより)

「髙田氏は日大法学部出身で、77年に電通に入社。出世畑であるテレビ局を歩み、以前は社長候補と目されてきました。辞任した佐々木氏とは入社同期の盟友です。ただ、昨年から5歳も歳下の五十嵐博氏が社長を務めており、髙田氏はとっくに退任しておかしくない世代。それでも異例なことに、事実上のナンバー2として大きな影響力を持っているのです」(電通社員)

 言うまでもなく、代表権とは、会社を代表して取引を遂行できる極めて重い権限。にもかかわらず、社長より5歳も年上の髙田氏がなぜ残っているのか。それは、代表取締役社長補佐としての髙田氏が担う役割が、「余人をもって代え難い“特命”案件だから」(同前)だ。東京五輪である。

4年間で9000億円近い収益

「髙田氏は組織委員会の会長だった森喜朗氏との間に、太いパイプを持っています。森氏と同じ六本木の超高級マンションに住んでおり、家族ぐるみの付き合い。森氏の誕生日に、森ファミリーに混ざって髙田氏も一緒に過ごしたこともありました。森氏は『家族は女性ばかりで肩身が狭いよ』とよく口にしていますが、そういう場では髙田氏が森氏の味方になっているといいます。今年2月、森氏の“女性蔑視”発言が問題視された際も『これまで何十年も頑張ってきたのに』と、会長辞任に反対していました」(髙田氏周辺)

 その髙田氏が“特命”を担う五輪は、電通にとって最も注力する事業だ。

 事実、14年4月に組織委から「マーケティング専任代理店」に指名されて以降、国内の広告市場が伸び悩む中、グループの売上高は1兆5000億円前後で維持してきた。

 元電通専務で、組織委理事の高橋治之氏が言う。

「五輪が電通の収益に貢献するのは間違いない。売上高の1割は超える。トップスポンサーの企業から3000億円ほどのお金を集めているのは電通です。集めたお金自体は組織委に入りますが、スポンサーが五輪に絡めた宣伝活動や販売促進活動をする際は『電通にお願いしよう』となる。それら代理店業務の収益は、4年間で6000億円から9000億円ほどになるはずです」

 電通の収益の中には税金も含まれている。確認できる公募案件のうち、東京都の五輪関連事業における電通とその関連会社の落札額の合計は、14年からの6年間で約51億円。一部が税金で賄われている組織委からの落札額は、約116億円に及ぶ。

 中でも、最重要イベントが開会式だ。ロンドン五輪では全世界で9億人以上がテレビ視聴したという大舞台。それだけ、電通にとっても“実入り”が大きいと言える。

「スポンサー契約や演出の細部に至るまで、電通にメリットがある形にする必要があります」(電通幹部)

 いかに電通が開会式を支配しているか。その一端を示す資料がある。〈スタッフや調達先の選定について注意事項〉と題されたペーパー。18年6月、映画監督の山崎貴氏(56)や歌手の椎名林檎氏(42)ら著名クリエイター8人からなる〈演出チーム〉に対し、電通が提示したものだ。

 そこには、以下のようなことが記されている。

“全て電通を通せ”文書

〈すべての商流は電通から〉

〈他広告代理店系のスタッフはNG〉

 電通関係者が解説する。

「これは『制作会社やスタッフなど、全ての発注は電通が行う』と釘を刺すために作成された資料です。きっかけは〈演出チーム〉の一人が勝手に聖火台のデザインを旧知のデザイナーに発注したり、仕事先に五輪関連業務の“空手形”を切ったりしていたことが発覚し、組織委で問題になったこと。電通にとって五輪は独占事業です。勝手に他の代理店に仕事を発注されては困る。『今後はそのようなことがないように』と厳しく通達したのです」

 その開会式の現場にまで、電通ナンバー2の髙田氏が深く関与するようになるのは、翌19年に入ってからのことだ。先週号でも報じたように、当初は山崎氏が仕切っていた開会式の演出は、18年7月から“2人目の責任者”野村萬斎氏(54)に交代していた。ところが、

 
野村萬斎氏の演出案には「宙に浮かぶ赤い球」

「野村氏が提案してくるのは『空飛ぶ茶室』や『宙に浮かぶ赤い球』など観念的な演出ばかり。これに、森氏は不快感を示していました。19年3月1日、森氏は野村氏ら〈演出チーム〉8人を会食に招き、この場で野村氏の演出や振る舞いを強く叱責した。この会食に髙田氏も同席していたのです」(前出・電通幹部)

 そして開会式まで1年余りに迫った19年6月、野村氏に代わり、“3人目の責任者”に就任したのがMIKIKO氏だ。しかし電通側は「建前上は野村氏と山崎氏がやっているように見せたい」と彼女の就任を公にしなかった。

 一方で、髙田氏の役割は明確化されていく。小誌が入手した執行体制図によれば、MIKIKO氏ら現場サイドを管理・監督する〈ステアリングコミッティ〉のメンバー5名の中に、髙田氏の名前がある。

「5名のうち、2名は管理側に“棚上げ”された形の山崎氏と野村氏。長い実務経験からも、事実上、髙田氏がMIKIKOチームを監督する構図が生まれたのです」(同前)

森会長に告げられた言葉は……

森前会長はMIKIKO氏を買っていた

 ここから、森氏との太いパイプを梃子に髙田氏の現場介入が加速していく。

 前出の高橋氏が言う。

「森さんは髙田を可愛がっており、よく相談に乗っていた。森さんが五輪のことで『こうしたい、ああしたい』と言うたび、髙田が何かと調整していました」

 そんな髙田氏が森氏から要望を受け、調整に動いた1例が、五輪開会式の出演者に関することだった。

「森氏は、自身がかねてより応援している歌舞伎役者の市川海老蔵を五輪の開会式に出すよう推していたのです。そのことは、重要事項の一つとして内部の記録にも残されている。コロナで延期となりましたが、海老蔵は当初、昨年5月に十三代目市川團十郎を襲名する予定でした。そのため、森氏は開会式の出演を『團十郎襲名の祝いにしてやってくれ』と言っていたのです」(別の組織委関係者)

 髙田氏は早速、調整に乗り出した。森氏たっての希望を、五輪開会式の演出トップだったMIKIKO氏サイドに伝えたのだ。

「“政治案件”は他にもあり、小池百合子都知事も電通を通じて『あの人を入れろ』『この団体を出せ』と求めていた。ただ、中でも髙田氏の口ぶりから『森さんの海老蔵はマスト』というのが組織委と電通の共通認識だったのです」(同前)

 しかし、MIKIKO氏は予算も考慮に入れながら、あくまで演出プランの「中身」を最優先。強引な“政治案件”の押し込みに頭を悩ませつつも、首を縦には振らなかったという。髙田氏の意のままに動かないMIKIKO氏。次第に2人の間には溝ができていく。

 前出の電通幹部が言う。

「髙田氏にとってMIKIKO氏は、要望を聞いてくれず、扱いづらい存在でした。その彼女の演出チームに昨年1月から加わったのが、それまで花形とされる五輪の開会式からは外れ、主にパラを担当していた佐々木氏だったのです」

 髙田氏が「佐々木は花形、俺は影」と評する同期入社の盟友だ。だが、その直後の昨年3月5日、佐々木氏は渡辺の容姿を侮辱するプランを提案。MIKIKO氏が真っ先に反論を述べたものの、ここから彼女は次第に排除されていく。

「MIKIKO氏は延期が決まった直後の昨年4月6日時点では、IOCに自らの開会式案をプレゼンしていました。ところが、髙田氏はコロナ対策を大義名分に翌5月、盟友の佐々木氏にセレモニー演出の全権を与え“4人目の責任者”に据えたのです」(同前)

 突如として、責任者から降ろされてしまったMIKIKO氏。それから約半年後の11月に、彼女は組織委に辞任届を提出することになるのだが、この間に一体、何が起きていたのか。

 実は、MIKIKO氏は昨年10月16日、自らの身に振りかかった出来事を克明に記したメールを、電通幹部らに送っていた。受け取った彼らは組織委サイドにも転送し、関係者間で共有されることになる。

 それが冒頭のメールだ。

〈まず今の私の状況を経緯と共にお伝えしておきます〉

 という文面で始まるメール。事の発端は、昨年5月11日のことだった。

〈5月11日/高田さんから呼び出しを受け/森会長の意向で緊急対策リーダーとして佐々木さん体制になる旨伺う〉(メールは字体ママ)

 この場では、佐々木体制は「森氏の意向」と説明した髙田氏。メールは次第に核心へ斬り込んでいく。

〈5月19日/森会長と面談/高田さんより、「今までの労いと共に、佐々木さん体制の報告を会長の口から受ける」と伺ってトリトンに出向く〉

 メールによれば、晴海トリトンスクエアにある組織委の一室で、森氏はMIKIKO氏にこう告げた。

「引き続き、オリ開会式はMIKIKOさんにリーダーをお願いしたい」

 佐々木体制への変更を覆すような森氏の発言。この面談に同席していた髙田氏は、訝るMIKIKO氏を別室に連れて行った。

 そして、信じ難い言葉を口にするのである。

〈「森会長はボケてるから、今の話は事実と違うから」と再度佐々木さん体制を念押しされ、「佐々木から連絡する様に伝えるから」として解散〉

 髙田氏から発せられた「森会長はボケてるから」――。五輪の世界で、森氏に歯向かえる者などいないことは広く知られたところだ。なぜ彼は、ここまでの“暴言”を放ったのか。

「森氏は、IOCからも絶賛されたMIKIKO氏の能力そのものは買っていました。だから『引き続きお願いしたい』と頭を下げたわけです。しかし髙田氏の思惑は違っていました。盟友の佐々木氏であれば、延期後も最大のイベント、開会式を自らの意のままに動かせます。当然、電通の利益にも適う。それゆえ、森氏の発言を“なかったこと”にする必要があったのです」(前出・電通幹部)

 こうして、MIKIKO氏の排除が本格的に始まっていくのである。

組織委の橋本会長

スタッフら500人も排除した

 その後、MIKIKO氏が佐々木氏に呼ばれたのは、3カ月後のことだった。先週号で報じたように、佐々木氏はこの間、彼女に連絡することなく、IOCへのプレゼンを重ねていた。だが、自らイチから作った企画案は通らない。そこで彼は、MIKIKOチームの案を「切り貼り」するという行為に出たのだが、

〈8月26日/佐々木さんから連絡があり/IOCのプレゼンで唯一良いリアクションがもらえたのがMIKIKOさんたちが考えられていたアイデアを入れた部分で正直自分がやる意味を見失うほどショックだった(略)やはり、自分たちが作ってきたものが何の報告もなく使われているのはおかしくないか?(など、困惑した心中を伝える)〉

 無断でアイデアを切り貼りされたことに、彼女は困惑。しかし、佐々木氏からマトモな返事は得られなかった。同時に、電通の担当者からの連絡もパタリと途絶えてしまうのである。

電通幹部ら10名に送ったメールの文面

 MIKIKO氏が何より心を痛めたのは、自らのチーム総勢約500人のスタッフやキャストらが宙ぶらりんのまま放置されたことだ。メールでもこう訴えた。

〈私以外のコアに関わっていたスタッフは延期の報告以降、何の情報もなくただ一時停止していて再開を待っている状況です〉

 出演が決まっていたキャストの中には、地方から東京に引っ越してリハーサルが再開されるのを8カ月ほど待っていた人や、白紙化で仕事がなくなったショックで心療内科に通うようになった人もいたという。

 MIKIKO氏の排除はすなわち、彼女のスタッフら約500人を排除することでもあったのだ。

 広告業界の巨人にもかかわらず、あっさりクリエイターを使い捨てる電通担当者らの不誠実さを切々と綴った文面。このメールを受け、10月31日、電通やイベントを手掛ける関連会社「電通ライブ」の担当者がMIKIKO氏に謝罪する席が設けられた。

「電通側はMIKIKO氏に対し、あくまで森会長と武藤敏郎事務総長の最終判断で佐々木氏を緊急対策リーダーにしたと強調。スタッフの任命権も佐々木氏に一任されると説明しましたが、髙田氏の“暗躍”については一切口を噤みました」(前出・電通幹部)

 メールでは、佐々木氏がMIKIKOチーム案を切り貼りしてプレゼンしていたことも綴っていたが、

「電通側は『事前にMIKIKOさんに説明すべきだと思っていたが、佐々木氏が“自分で話す”と言うので、任せていた』と、佐々木氏一人のせいにした言い訳を繰り返しました。ただ、MIKIKO氏が寝る間も惜しんで企画案を完成させていくのを間近で見ていたのが電通の担当者たち。彼らは、その企画案が佐々木氏によって切り刻まれていくのを黙って見ていた。にもかかわらず、土壇場では責任転嫁とも取れる対応を取ったことに、MIKIKO氏は不信感を一層深めていったのです」(同前)

 MIKIKO氏は周囲にこう漏らしていたという。

「なぜ、当たり前のコミュニケーションが取れなかったのか……」

 別の電通関係者が言う。

「体育会系が染みついている電通で、上層部の意向に逆らえる現場担当者など殆どいません。まして佐々木氏は“天皇”と呼ばれるほどの人物であり、髙田氏は五輪を仕切る代表取締役。実際、2人のコンビはMIKIKO氏を蚊帳の外に置いたまま、昨年7月には池江璃花子を起用した五輪イベントを開催したりしていました。佐々木氏が演出を手掛け、アカウントPRの担当者に、髙田氏の名前がクレジットされていた。“政治案件”もうまく捌き、利益を最大化していくのが電通のやり方です」

「電通の犬にさせられている」

 

 創作現場を軽んじる電通の姿勢を〈演出チーム〉の一人だった椎名氏も常々こう批判していたという。

「(クリエイターが)電通の犬にさせられている」

 音楽業界関係者が言う。

「五輪では、全ての制作物の権利はIOCに譲渡するという契約があります。椎名氏はクリエイターの権利を守る立場から、この契約を問題視しており、電通にも是正に動くようたびたび訴えかけていた。しかし電通は全く動こうとせず、彼女は憤慨していました」

 実は、電通はMIKIKO氏や椎名氏らと演出の契約書すら作成しようとしなかった。18年8月から〈演出チーム〉メンバーとの契約は、組織委から委託を受けた電通が行うことになった。ところが、この契約は2年以上も“口約束”のままだったという。

「電通側は守秘義務に関する誓約書を真っ先に書かせる一方、正式な書面での契約書をいつまで経っても交わそうとしませんでした。チームのメンバーが『契約書を作るべきだ』と声をあげていたのに放置し続けた。結局、昨年12月、〈演出チーム〉が解散した後、事後的に契約書を送ったのです」(前出・電通幹部)

 こうした電通の対応に不信感を募らせたMIKIKO氏は11月9日、武藤氏に辞任届を提出。その約2週間後の11月25日、森氏との「最後の面談」に臨んだ。森氏の傍らには「黒幕」である髙田氏の姿もあった。ただ、彼は「事を荒立てないで欲しい」と森氏が彼女に告げた言葉を黙って聞いていたという。

 MIKIKO氏、そして彼女のスタッフたちを開会式から排除していった髙田氏。本人の携帯電話にメッセージを残したものの、折り返しはなかった。改めて電通広報部に尋ねると、以下のような回答があった。

「(「森会長はボケてる」発言は)事実誤認がありますが、個別案件につき、コメントは差し控えます。

(佐々木氏を責任者に指名した点は)開閉会式演出メンバーの選定・決定は組織委員会の専決事項ですので、当社が指名・決定した事実はありません。

(髙田氏のMIKIKO氏排除は)事実ではありません。

(契約書を結ばなかったことは)昨年12月に関係者間において契約を締結しております」

 森氏はこう回答した。

「(海老蔵氏の推薦は)事実ではない。(「MIKIKOさんにお願いしたい」発言は)守秘義務の観点からも回答を控えます」

 一方のMIKIKO氏。小誌は3月15日に彼女を直撃しているが、この時、電通幹部らへのメールも彼女に提示していた。

――これはあなたが書いたものですね。

「……そんなものまでお持ちなんですね」

 そう呟いて、自身が送信したメールであること、その内容も事実だと認めたMIKIKO氏。今回、改めて取材を申し込むと、

「公式にコメントを出す方向で検討しております。そちらを答えとさせていただければ幸いです」

 MIKIKO氏は今、周囲に「こんな問題は、私たちの世代で浄化したい」と語っているという。

 

 

source : 週刊文春 2021年4月1日号

この記事の写真(12枚)

文春リークス
閉じる