週刊文春 電子版

《政敵》林外相ルールで「台湾が岸田と会えない」

総力特集 安倍晋三「光と影」

「週刊文春」編集部
ニュース 政治

 安倍氏の地元・山口県で、三代にわたって熾烈な勢力争いを重ねてきたのが、林芳正外相だ。その“最大の政敵”が国葬を巡って――。

昨年、衆院に鞍替えしたばかりの林氏

 国葬には海外からも約700人が参列。弔問外交を掲げた岸田首相は30カ国を超える首脳級と個別に会談するなどしたが、

「3日前になってカナダのトルドー首相がハリケーン対応で欠席を表明。結局、G7首脳の参列はゼロでした」(外務省担当記者)

 その一方で、安倍氏と縁(ゆかり)が深いはずの要人が“排除”される事態も起きていた。

 小誌は、官邸や外務省で共有されている〈台湾からの国葬儀参列者の待遇について〉と題された内部資料を入手した。〈秘〉と記されたその資料には、国葬後に迎賓館で行われる海外からの参列者と岸田首相との挨拶について、こう記されているのだ。

〈議会議長は、現職のみ招待対象との整理に従い、台湾(蘇嘉全前立法院長)は招待しない

 外務省関係者の解説。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年10月6日号

文春リークス
閉じる