週刊文春 電子版

詐欺に投資…稼いだ200億円はすべて消えた 「サトウキビで3億騙された」猪木に怒る人々

さらば!アントニオ猪木《カネ》

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 スポーツ

〈「これは世の中に必要だ」と夢をもって走りだしたら、こうなっていたわけです。借金の天才? まあ、下手じゃないと思うけどね(笑)〉(「週刊文春」1990年5月17日号より)

 猪木の人生で、切っても切れないのがカネの話だ。

 元新日本プロレス社長の草間政一氏が明かす。

「本人から『24歳頃で年収が数千万円あった』と聞かされました。海外興行のファイトマネーも莫大だったようです」

 若くして大金を手にした猪木は72年、新日本プロレスを立ち上げる。すると翌年、テレビ朝日で「ワールドプロレスリング」の放送が始まり、年間4億円の放映権料が入るようになった。これを元手に、猪木は次々と事業を手掛けていく。

「スペアリブのレストラン『アントン・リブ』を展開するアントンフーズ、マテ茶やタバスコ、ナッツを輸入するアントントレーディングなどの会社を設立。マテ茶は『太陽を飲もう』というキャッチフレーズで巡業先で売ったりしていたが、事業はいずれも振るわなかった」(スポーツ紙記者)

 中でも猪木が桁外れの資金を注ぎ込んだのが、80年にブラジルで設立した「アントン・ハイセル」だ。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年10月13日号

文春リークス
閉じる