週刊文春 電子版

「在宅ひとり死」を迎える10の準備

●独居老人は736万人 ●月4万でできる ●山本陽子が語る「別荘ひとり暮らし」 ●住み替え時の兆候は

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル 医療 ヘルス

 高齢者のひとり暮らしは年々増え、2040年には高齢者世帯の40%が独居となる見込みだという。そんな中「在宅ひとり死」に注目が集まっている。どうすれば施設や病院ではなく、ひとりでも自宅で幸せに死ぬことができるのだろうか。必須の備えを徹底解説する。

「まわりが緑に囲まれたマンションで、部屋の目の前に大きな桜の木がある。景色がすごく素敵。もともとここは別荘にしていて気に入っていたので、思い切って移住を決めたんです」

 そう語るのは、女優の山本陽子(79)。1963年に日活ニューフェイスでデビューしてからずっと東京に暮らしていたが、「おひとりさま」で70歳を迎え、自分のペースで生活したくなり、自宅を売却。現在は静岡にある43坪のマンションにひとりで暮らす。

「ここは魚介類がおいしい。新鮮なお魚が多いので、煮魚やムニエルにして食べています。寒い時期は1人分のしゃぶしゃぶ鍋をつくったりね。朝はパンや和食を食べています。コロナ禍になってからは外食しなくなったので、自分で工夫して栄養のバランスに気をつかっています」

 現在の楽しみは、木や花を育てて水やりをすること。

「先のことは考えていませんが、できるだけ元気で過ごしていこうと思っています。倒れてしまったら、そのときは仕方がないと割り切っています」

 現在、山本のような「おひとりさま」の高齢者が増えている。高齢者の19.6%が独居老人で、その数は736万9000人にのぼる。そのうち、男性は258万人、女性は479万人。またどちらかが最期をひとりで迎える「おひとりさま」の予備軍ともいえる、夫婦のみの世帯は693万8000世帯ある(厚労省「国民生活基礎調査」2019年)。2007年時点では15.4%だった独居率が、19年には予備軍を含めると全体の60%となっているのだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年4月8日号

文春リークス
閉じる