週刊文春 電子版

菅「ワクチン敗戦」徹底検証

日本はなぜ 先進国最下位になったのか

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治 経済 医療 ヘルス

 3月21日の「緊急事態宣言解除」直後から、一気に感染再爆発、はやくも第四波が襲来した。唯一の希望は、感染拡大を上回るスピードでの迅速なワクチン接種だったはず。だが“笛吹けど踊らず”。掛け声だけで接種は遅々として進まない。原因はどこにあるのか。

 官邸で、宰相は一人苛立っていた。

「もうちょっと(各知事が)何かやってくれよな」

「緊急事態宣言とかまん延防止の措置の前にまず(各知事が要請する)時短だろ」

「時短をやれよ、時短を」

 菅義偉首相(72)の苛立ちの矛先は、知事らに向けられていた。官邸関係者が明かす。

「総理にとって痛いのは千葉の森田健作知事が4月4日で退任すること。これまで森田知事が小池百合子都知事の動きを逐一『小池さんは1都3県の議論でこんな様子です』などと“密告”してくれていた。これが無くなるダメージは大きい」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年4月8日号

文春リークス
閉じる