週刊文春 電子版

ヤメ銀 絶滅時代のバンカーたちへ 新連載第2回「銀行マンに人を見る目はあるか」

秋場 大輔
ニュース 社会 経済 企業
寺田欣司
寺田欣司

 かつて銀行は事業と人を見極めて融資する“目利き”を育ててきた。だが、バブル期は他行の動きを窺い、崩壊後は金融検査マニュアルに従い眼力を失った。未曽有のコロナ禍に求められるのは――。

 

(あきばだいすけ 1966年、東京都生まれ。ジャーナリスト。慶應義塾大学経済学部を卒業後、日本経済新聞社に入社。電機、証券、電力、商社、ゼネコンなど各業界を取材。編集委員などを経て2017年に独立。近著に『ライフシフト 10の成功例に学ぶ第2の人生』がある。)

 

【連載第1回目を読む】

「ヤメ銀」たちへの取材で、よく耳にするのが「目利き力」という言葉だ。企業や個人への融資の可否を判断する能力、平たく言えば「人を見る目」である。バンカーの知人は「人を見る目だけはあるよ。だってそれを間違えたら、貸したカネが返ってこないリスクがあるんだから」と、さも当然のように言うのだが、本当なのだろうか。これが第二回のテーマである。

 話を聞いたのは自閉症児と健常児が共に学ぶという独特の教育で知られ、「自閉症児の東大」とも呼ばれる武蔵野東学園(幼稚園、小・中学校、高専)の理事長を務める寺田欣司(77)である。寺田は東京大学法学部を卒業して三和銀行(現三菱UFJ銀行)に入行、支店長を経験した。その後、2003年に学園の理事長になったヤメ銀だが、実は作家というもう一つの顔がある。

 代表作は「支店長が読む『銀行業務改善隻語(せきご)』180撰」(近代セールス社刊)。初版は北海道拓殖銀行や山一証券が経営破綻した1997年で、その後、2012年の12版まで15年間にわたって版を重ねたロングセラーだ。

 その大本となった「銀行業務改善隻語」は大正から昭和にかけてのバンカーで、寺田の古巣・三和銀行の設立にも関わった一瀬粂吉(いちのせくめきち)が書いた。一瀬は昭和2年に起きた金融大恐慌後の混乱を目の当たりにして、バンカーのあり方や銀行経営の要諦、業界慣習に対する批判や提言など929の箴言を綴った。寺田はその一部を抜粋し、現代に照らして読み解いている。

1933年、世界恐慌に関する座談会に経済学者や財界人とともに出席した一瀬粂吉(右から2人目/朝日新聞社)
全ての画像を見る(1枚)

 寺田が選りすぐり、巧みに現代語に訳した中には、例えば、こんな一節がある。

〈およそ銀行家は、自分はこのような主義方針を正しいと信じ、今それを実行しつつあり、これに対する遠慮のない世間の批判を待っている、と私心のない態度を示す気概がなければならない〉

 寺田は、訳すだけにとどまらず、これについて自らが思うことを縦横に綴っていく。

〈己の立場を明らかにし、隠し立てのないことをもって銀行経営者の目指すところと翁は言う。銀行員に課せられた守秘義務は重い。しかし、顧客の秘密を守ることを本分の一つと教育され続けているうちに、銀行内部において公明正大に議論を重ねるべき事項についてまで、秘密主義が横行する弊害が、今日の多くの銀行で見られてはいないだろうか〉

 そして、守秘義務の名を借りた秘密主義に鋭く切り込み、即座に自身の「目撃談」を続ける。

〈支店間の秘密主義、部門間の秘密主義、上司部下の関係にも秘密主義が入り、非効率な業務活動、片寄った情報による判断、一方的な評価、弁解を許さぬ処分、問答無用など、あらゆるところに秘密主義がはびこっている姿を目撃した〉

 筆者の知人にも、昔は明け透けに何でも話していたのに、バンカーになってからすっかり自分のことを語らなくなった者がいる。聞いた話を活字にしてしまう自分が相手だからそうなのかと思っていたが、寺田の著作を読むとバンカーの職業病でもあることが分かる。

 寺田には神保広記というペンネームでの著作もある。「銀行窓口の向こう側」(扶桑社文庫)など、その多くは自身がバンカーとして経験したことや、その時に抱いた心情を詳細に書き込んだものだ。読むと、寺田が仕事に相当な愛着を持っていたことが窺えるが、本人は当初、銀行を辞めたくて仕方がなかったという。

「大学在学中は成績も良かったので学者を目指したんだ。でも指導教授があまりいい顔をしなかったから諦めた。その頃、都市銀行の重役だった叔父が、『お前は1つの組織に収まっていられるような人間じゃない。いつか飛び出すだろう。銀行にいれば独立する時に役に立つぞ』と言うから銀行に入った。要するに腰掛けのつもりだった」

 そんな寺田が後にバンカーをテーマにした本を何冊も出すに至ったきっかけは、初めてのお盆休みが明けた後、東京・三河島支店に配属され、支店長から融資係を命じられたことだった。50年以上前、新人を融資係にするというのは抜擢だったらしい。それだけでもモチベーションが上がったが、融資係の先輩が教えてくれたことにいたく感動し、バンカーという仕事にのめり込んだ。

 寺田は当時の経験を昨日のことのように話す。先輩は「阿部さん」という人で、任された取引先の一つに端切れ屋があった。着物の切れ端をたくさん集めて再利用したり、補修に使ったりするこの仕事はどこにでもある商売だったが、日本が高度経済成長を遂げ、国民の所得水準が上がるうちに需要はみるみる減っていった。その取引先もいつ潰れてもおかしくない状態だった。

「それで『阿部さん、手を引いた方が良いんじゃないですか』と言ったんだ。今にして思えば若造のくせに偉そうなことを言ったと思うけれど、阿部さんは怒りもせずにこう教えてくれた」

 寺田は阿部さんの言葉を、こう諳んじてみせた。

「俺も厳しいことは分かっているよ。でもあいつは親から継いだ商売を必死に守ろうとしているんだ。だから俺はあいつが頑張れるうちは貸す。でも永遠にというわけにはいかないだろう。あいつの家の資産で借金が賄い切れなくなったら、潮時じゃないかと言ってやる」

 結局、その人は後に店を畳んだが、借金は残さずに済んだという。

「すべて阿部さんのおかげだよ。これが金貸しの情ってやつなんだなと学んだ」(寺田)

 手形割引という金融手法がある。事業者が、本来であれば数カ月先に現金化することができる約束手形を銀行などに持ち込むと、銀行が一定の手数料を差し引いて現金を渡すというものだ。手数料は融資の利息よりも安いため、中小企業にとっては利用しやすい資金調達手段といえ、昔は銀行の一般的な融資形態だった。

 ある日、阿部さんは寺田に支店へ持ち込まれた手形をすべて観察するまで帰宅してはならぬと言った。その中に混じっている融通手形を見抜く教育だった。融通手形とは、資金繰りに困った中小企業などが急場を凌ぐため、商取引がないのに振り出してもらう手形のことで、不渡りになる確率が高い。「空手形を切る」という言葉の語源である。

 寺田は阿部さんに言われたとおり、手形の表裏だけでなく、振出人の会社印の鮮明度、印紙の貼り方、割り印の押し方を来る日も来る日も眺めた。そのうちに「手形の面(つら)」が見えてきて、融通手形が見抜けるようになったという。

 ところがある日、寺田が融通手形だと踏んだものに阿部さんは換金承諾の判子を押した。良いのかと聞くと、構わないと答え、こう続けた。

「融通手形を持ち込んで来るのには理由がある。力の弱い取引先は銀行から預金を求められる。それで資金繰りが苦しくなって、やむにやまれず融通手形を持ってくるんだ。融通手形の金額が預金の範囲に収まっていれば割ってやるべきだろう。だって、悪いのは預金をしろとしつこく言う銀行なんだから」

 寺田は、相手の事情を見抜き、出来る限り手を差し伸べようとする阿部さんの姿勢に感動した。人が生きていく上で何かとつきまとうカネを扱う仕事には人の本性や細かな心の襞が現れる。それが面白いからバンカーという仕事を愛したに違いない。

 寺田の話を聞いていて思い出したことがある。1997年11月3日に経営破綻した三洋証券の取材だ。

 当時、同社の経営難はずっと言われていたので、担当になってからは会長だった浦松史郎の自宅へ毎日のように通い、話を聞いた。しかし最終局面で「うちは乗り切った」と浦松が言ったこともあり、「経営破綻」という特ダネを書くことができなかった。しばらくして、嘘をつかれたことへの文句の一つでも言ってやろうと自宅を訪れると、浦松に「ちょっと飲みに行こう」と誘われ、そこでこんな話を聞いた。

「会社更生法で取締役はどうなるか知っているか。退職金をもらえないんだよ。俺が東京証券取引所の副理事長に就き、会社を離れていた時に三洋はおかしくなった。でも俺に責任がないとは言えない。だから貯金を取り崩して、クビになった取締役に渡した。だけど書くなよ。彼らに申し訳ないことをしたという思いを知って欲しくて話しただけだから」

 数カ月後、浦松は癌でこの世を去った。故人を偲ぶコラムに執筆しろと上司に言われ、本人との約束を破って貯金を取り崩した話を書いた。それから10年ほど経ったある日、大手銀行の幹部に挨拶する機会があって、こんなことを言われた。

「僕は新聞記者になりたかったから、記事には厳しいんだ。ただ今まで一度だけ良い記事だと思ったのがある。三洋証券会長の追想録だ。あの記事には間違いがある。取締役に200万円ずつ渡したと書いてあったけれど、本当はもっと大きな額だ。僕は浦松さんと親しかったから有り金をはたいたことを知っている。でも浦松さんが内緒にしていたあの話を聞いた記者がいるんだと感心した」

 書いたことは特ダネでも何でもない。しかし連日のように浦松の家を訪れ、時に取材し、時に身の上話をしていたからこそ聞けた話だったのだ。人の心の襞を垣間見たことを分かってくれた人がいると知り、初めて新聞記者をやっていて良かったと思った。人が心の奥底に抱えている事情や感情を知って時に涙し、時に心を鬼にする。そんな瞬間があるからこそ、仕事が楽しい。それはバンカーも新聞記者も同じだろう。

「ヤメ銀」第一弾で取材した商工組合中央金庫社長の関根正裕(63)は1990年代後半から2000年代前半にかけて第一勧業銀行(現みずほ銀行)の広報を務めた。総会屋に対する利益供与や、最近、再び相次いでいるみずほ銀行のシステム障害で過去の事例として蒸し返されている02年4月のトラブルなど、不祥事にいくつも対応したため、業界ではつとに知られる広報マンである。しかし、百戦錬磨の関根がインタビューで最も熱く語ったのは、広報時代の武勇伝ではなく、その前に勤務していた姫路支店時代の話だった。

「姫路で融資を習った。厳しい課長だったけど、本当にいろいろなことを教えてくれた。担保があるからカネを貸すんじゃないんだ。担保を処分して回収すればいいやなんて考えちゃいけないんだ。経営者を見て、事業を見て貸すのがバンカーなんだって。その会社にとって借り入れをすることが本当に良いことなのかを見極めろって何度も言われた。あれが僕の原点ですよ」

 関根はバンカーの仕事が変質したのは、やはりバブルだったと考える。姫路支店から渋谷支店に異動した頃、駅前にあるセンター街の地価がどんどん上がった。それに目を付けた他行が地権者に「明日10億円を貸す」と言った。坪1億円。そんな融資は姫路で習っていないと思っても顧客に「向こうは出すが、お前のところはどうなんだ」と言われると、「貸せません」とは言いづらかった。

「狂っていましたよ。銀行もそうだし、お客さんもそうだった」

 人を見ずに横を見る。人的担保より物的担保。バブル全盛期の融資姿勢がそうだったとすれば、崩壊後はどうなったのか。関根によれば、金融庁が作成した金融検査マニュアルに従って取引先を格付けし、財務諸表を見て融資の可否や金利を決めるようになったという。

 先の寺田はそんな時代にバンカーの職を辞し、03年、武蔵野東学園の理事長に就いた。元々、創設者・北原キヨの人柄に惚れ込み、2人の娘を学園に通わせた。以来、学園の運営を手伝っていたところ、前任の理事長が高齢を理由に引退を決めたため、白羽の矢が立った。バンカーから借り手へ立場を代えた寺田は、関根が指摘した銀行の融資姿勢を裏付けるような経験をした。

 就任した日に事務長が判子を押してくれと書類を持ってきた。理事長が交代するので銀行融資の保証人の名義を変える手続きだった。そこで学園の借り入れが13億円にも上っていることを知り、腰が抜けた。

「経営が厳しいことは知っていたけれど、これほどとは思わなかった。びっくりしたのは金額だけじゃない。金利も高かった。当時、学園はさくら銀行(現三井住友銀行)からカネを借りていたんだけれど、利息が6%だったんだ。事務長になんでこんなに取られているのかと聞いたら、仕方がないんです、うちは財務内容が悪い問題先なんでと言う。頭にきて東京都民銀行(現きらぼし銀行)に足を運んだ。それが理事長として最初の仕事だった」(寺田)

 財務に問題があるから高い金利を取る。さくら銀行の対応はおそらく金融検査マニュアルに従ったものだったのだろう。しかし寺田に応対した都民銀行の支店長は学園の社会的意義を理解していた。さらにバンカー出身の寺田が新しく理事長に就いたことで、学園の経営が改善するという読みもあったのかもしれない。寺田に「こんな酷い目に遭っているんですか。うちが融資を肩代わりしましょう」と言った。

「今も名前を覚えている。倉持雅則さんという人だった。『いや、あなた無理でしょう。一介の支店長が13億円もの融資を肩代わりできるわけがない』と言ったんだが、倉持さんは『任せて下さい』と。2週間ほどしたら、『本店の稟議が通りました。2.5%でご融資します』と言ってきた。お陰で学園の財務内容がだんだんと良くなっていったんだ」

 自ら金貸しの情を味わった寺田はさくら銀行と、わずかな付き合いがあった古巣の三和銀行との取引を打ち切り、都民銀行と多摩信用金庫をメーンバンクにすることにした。周囲はそこまでしなくても良いのではないかと諫めたが、譲らなかった。

 人を見ることができるからこそバンカーという仕事は楽しいと言える時代が、そして物的担保よりも人的担保を優先する時代が、かつては確かにあった。だがバブルでバンカーは取引相手よりも隣の銀行を見るようになり、その後、マニュアルを見るようになった。では、そこから約20年が経過した今はどうか。

AIは寄り添えない人の心

 関根が社長を務める商工中金の主な取引先は中小企業だ。しかし金融サービスの一つである危機対応融資で不祥事が発覚、関根は18年3月、立て直しのために送り込まれた。最初に手掛けたのが組織の見直しである。一般的に銀行は頭取や社長が頂点にいて、そこに本部の組織がぶら下がり、その下に支店があるというピラミッド構造。かつての商工中金は本店にあった業務推進部が各営業店にプレッシャーをかけて数字を作らせていて、それが不正の温床の一つとなった。そこで関根は組織を逆ピラミッド型に変え、最上位に顧客を位置づけた。その下にいるのは顧客と接する営業店で、本店の役割は営業店を支えることだと定義した。業務推進部は営業店サポート部にした。

 関根にはバンカーがまだ人を見るようになっていないと映るからこそ、まず顧客を見る体制に改めたのだろう。インタビューではこう語った。

「僕はコロナ禍をバブルの時と比較してしまう。バブルで取引先は資産と負債を急激に増やしたが、ある日突然負債だけが残った。今、取引先の資産は増えないけれど、負債がどんどん増えている。借りたものはいずれ返さなければならないが、どの取引先は返済できて、どこは出来ないか。バンカーに人を見る目がなければ、銀行はまた不良債権を抱えてしまう。だから今、自分が30年以上前に姫路支店で学んだことをやらなければ、と思うんだ」

「ヤメ銀」第一弾でインタビューしたタリーズコーヒージャパン創業者の松田公太(52)は寺田と同じく三和出身で、1990年に入行。東京の赤坂や池袋の支店で三和と取引のない企業に飛び込み営業をかけ、抜群の成績を上げた。09年にはハワイで人気のパンケーキ屋「Eggs'n Things」の世界展開権を取得し、店舗数を拡大していたところに新型コロナの直撃を受けた。手元資金を手厚くすることで凌いでいるが、同じイートイン型の外食産業は苦しい立場に追い込まれているという。松田は、だからこそ今は銀行にとって人を見る目を養う好機だと言った。

「どの取引先を救うべきか、どこに見切りをつけるか。それを判断するために決算書を見て、現場に行って、会社を見て、働いている人たちを見て、話を聞く。どの取引先も資金繰りが苦しい時期だからこそ、銀行の求めに応じて決算書だって現場だって何だって見せますよ。今なら腕を磨ける。銀行員にとってはチャンスなんです」

 2人はバンカーの未来について奇しくも同じことを言った。銀行が手掛けるビジネスは、いずれAIに取って代わられると懸念する声がある。しかし経営者の気持ちや夢、社員の心にAIは寄り添えない。コロナの世界的蔓延という未曾有の事態に過去のデータは通用しない。それを乗り切れるのは、人知だと。

 3人のヤメ銀はいずれも、バンカーというだけで「人を見る目がある」という自画像は間違いだということを示唆した。その上で、バンカーはコロナ禍の今こそ人を見る目を養わなければならないが、目を凝らせばその機会はいくらでもあると指摘している。(敬称略/以下次号)

source : 週刊文春 2021年4月15日号

この記事の写真(1枚)

文春リークス
閉じる