週刊文春 電子版

「東大王」を卒業 鈴木光が就職を決めた名門法律事務所

「週刊文春」編集部
エンタメ テレビ・ラジオ

「沢山の温かい気持ちと支えを知ることができた4年間だったと思います。一生分の思い出をありがとうございました」

 クイズ番組「東大王」(TBS系)の卒業回(3月24日)で、涙を流してこう語った鈴木光(22)。

“卒業回”で涙(TBSより)

 大学卒業にあわせ番組を卒業。そして3月末をもってメディア活動の終了を宣言したのだった。

 現役東大生たちの「東大生チーム」と「芸能人チーム」がクイズで競う「東大王」。鈴木は、番組開始7カ月後の2017年11月より東大生チームの一員としてレギュラー出演してきた。当時文科一類1年生。その抜群のルックスと頭脳から「美しすぎる東大王」として一躍人気者となった。

「ファッション誌にも登場するほど整った清楚な顔立ちで、問題を間違えたときに時折見せる可愛らしいリアクションも人気。知識量が膨大なのは勿論ですが、特に音楽問題の強さは圧倒的で、音声なしのピアノの演奏動画を一瞬見ただけで曲名を答える神業も披露していました」(民放関係者)

 1998年東京生まれ。公立小学校から名門・筑波大学附属中に進学した。

「父親も東大卒で、現在は上場企業社長。教育方針は『好きなことをしなさい』というものだったそう。中高時代はバンド活動に打ち込み、音楽系の事務所に所属していた時期もある。高校2年時には米スタンフォード大学の通信教育プログラムに参加し、提出した論文が優秀賞を受賞。東大には一般入試よりもさらに狭き門の推薦入試で合格しています」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年4月15日号

文春リークス
閉じる