週刊文春 電子版

「安楽死を」橋田壽賀子(95)の散り際

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 ドラマ「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)などを手掛けたテレビプロデューサーの石井ふく子氏(94)は、刎頸(ふんけい)の友を失った悲しみに、しばし言葉を失った。

 石井氏が言う。

「出会って60年。年中喧嘩していましたけど、すぐに仲直りしていました。でも、もう喧嘩相手がいなくなった。今は『どうするのよ』という気持ちです」

「渡る世間」、そして「おしん」など数多くのテレビドラマを世に送り出した脚本家の橋田壽賀子氏。

手がけた朝ドラ4本、大河ドラマは「おんな太閤記」など3本

 静岡県熱海市の自宅で亡くなったのは4月4日朝。95歳の大往生だった。

 悪性リンパ腫の治療のため都内の病院に入院している橋田氏を、石井氏が最後に見舞ったのは、今年2月下旬のこと。橋田氏は次回作の構想を語ったのち、別れ際、こう言った。

「ラストは明るく行きたいんだ。家族というのは、やっぱり大事だなぁ」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年4月15日号

文春リークス
閉じる