週刊文春 電子版

創価学会元理事長の息子が告発「統一教会との共通点」

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会

「旧統一教会問題を、創価学会にとって対岸の火事にしてはいけないと思います」

 そう語るのは約5年前まで創価学会職員だったライターの正木伸城氏(40)。彼の父は、中枢幹部だった。

正木伸城氏

「宗教二世」の苦悩が取りざたされたこの夏、正木氏は自身の父が2016年1月まで創価学会理事長だった正木正明氏(68)だと明かし、Webメディアなどで発信し始めた。現在もSNS上で、統一教会の解散命令請求への賛同を表明。返す刀で創価学会にも「組織が硬直化している」などと批判を繰り広げている。

正木正明元理事長

「理事長職は事務方トップで、学会では実質、会長に次ぐナンバー2。正明氏は一時は会長候補と呼ばれていた。会長レースから後退したとはいえ、なお影響力がある」(政治部記者)

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年11月3日号

文春リークス
閉じる