週刊文春 電子版

「北の国から」盟友が明かす田中邦衛

《高倉健の褒め言葉》《生徒の一言で教員を辞めた》

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画

「クニさんへのダメ出しはいつも1点のみ。『芝居をしないでね』と。21年間、ずっとそれだけでした」

 ドラマ「北の国から」(フジテレビ系)の演出を手掛けた杉田成道氏(77)が、かつての“盟友”を偲んだ。

 3月24日、俳優の田中邦衛が静かに逝った。享年88。老衰だった。誰もが知る代表作が「北の国から」。北海道富良野市の大自然を舞台に、田中演じる父・黒板五郎と2人の兄妹の成長を、1981年から2002年にわたって描いた国民的ドラマである。

「クニさんも最初は『俺の役じゃねえな』と苦しんでいた。だけど、クニさんの芝居に滲み出る人間性は五郎そのものでね。だから芝居する意識を捨ててくれと言い続けました」(同前)

 倉本聰氏の脚本も、次第に素の田中を想定して描かれるようになっていった。

「芝居との向き合い方は、本当に真摯でしたよ。あれは『北の国から ’95秘密』の時かな。大竹しのぶさんと長い掛け合いがあって、OKは出したけど、翌朝、クニさんが僕の部屋を訪ねてきて。『気持ちを空白にしてできていなかった気がして。杉ニイ、もう1回撮り直してくれないか』と。大竹さんもクニさんの真面目さに感嘆し、帰る飛行機を遅らせて、撮り直しに応じてくれました」(同前)

 田中は1932年、岐阜県土岐津町(現・土岐市)に生まれた。実家は100年以上続く美濃焼の窯元で、7人兄弟の次男。中学時代は不良少年で成績は200人中196番目。高校以降は千葉県の全寮制私立の廣池学園で短大部まで過ごした。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年4月15日号

文春リークス
閉じる