週刊文春 電子版

沢田研二を愛した男たち 1

ジュリーがいた 

島﨑 今日子

連載

エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画 音楽

 1960年代後半から80年代初頭。音楽やファッションが革新を遂げ、サブカルチャーが花開き、BLが生まれる。その中心には必ず彼がいた――。

 

(しまざききょうこ 1954年、京都市生まれ。ノンフィクション・ライター。著書に『森瑤子の帽子』『安井かずみがいた時代』『この国で女であるということ』『だからここにいる』などがある。)

 東アジア発のBLが、今やすさまじい勢いで世界を席捲している。

 BL、ボーイズラブとは男同士の愛を描く女性向けの商品を指し、日本では、2016年暮れにテレビ朝日で放送された「おっさんずラブ」がブームの契機となった。19年には、テレビ東京がよしながふみの漫画「きのう何食べた?」を、20年には豊田悠の漫画「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」をドラマ化してヒットさせている。いずれも深夜枠だったが、今年の正月、NHKはゴールデン枠で、「ライジング若冲〜天才かく覚醒せり〜」を放送。江戸時代の天才画家、伊藤若冲と、彼の代表作「動植綵絵」が寄進された相国寺の大典和尚との愛を中心に描いた。映画でも若手人気俳優たちが男同士の恋を演じ、YouTubeではタイのBL人気が沸騰した。K-POPも、メンバー同士の親密さがファンの妄想をかきたてるという点なくして、その人気は語れない。

 BLを好む女性を、腐女子と呼ぶ。大河ドラマ「麒麟がくる」も、腐女子なら、光秀が愛ゆえに信長を殺す物語として解するのだ。

 腐女子を自認し、BL研究の入門書『BLの教科書』の執筆者の一人である石田美紀・新潟大学経済科学部教授のもとには、タイのBLを研究したいという学生がやってくるようになった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年4月15日号

文春リークス
閉じる