週刊文春 電子版

沢田研二を愛した男たち 2

ジュリーがいた

島﨑 今日子
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画 音楽

「あなたがいなかったら、今の僕はいません」――。GSブーム前夜、大阪で彼を見出したのは内田裕也だった。陰に陽に続いた2人の関係を解き明かす。

 

(しまざききょうこ 1954年、京都市生まれ。ノンフィクション・ライター。著書に『森瑤子の帽子』『安井かずみがいた時代』『この国で女であるということ』『だからここにいる』などがある。)

 1964年東京オリンピックを契機にカラーテレビが普及し、67年には国民総人口が1億人に達したニッポン。テレビというメディアが大きな力を持っていく高度成長期に、若き久世光彦はTBSで人気ドラマ「七人の孫」や「時間ですよ」の演出を手がけていた。「読み人知らず」と題したエッセイには、その多忙の中、オールナイトの映画館で、翌朝デモに出かけるヘルメットの学生に混じって東映の任侠映画ばかりを観ていたことが綴られている。

 久世が繰り返し観たのは、「昭和残侠伝・唐獅子牡丹」で、テーマソングの「唐獅子牡丹」が流れる中を高倉健と池部良が相合い傘で殴り込みに行くシーンに、見とれた。

〈健さんと池部さんの2人は、この上なく色っぽい、名コンビだった。日本映画史の中で最も美学的な配役だった。(中略)封印したドスを包んだ唐草模様の風呂敷を、パッと夜空に投げ捨てると、重々しいイントロが鳴り響き、粉雪が舞う中を2人はゆっくり歩み去る。殴り込みというよりは、艶(あで)やかな〈道行(みちゆき)〉だった〉

 全共闘の男たちが機動隊に向かっていく自分たちを重ねて「待ってました!」と声をかけた高倉&池部の殴り込みのシーンは、腐女子にとってはBLとしか見えない。久世も同じだった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年4月22日号

文春リークス
閉じる