週刊文春 電子版

寺田総務相 今度は《偽造領収書》疑惑

「週刊文春」編集部

SCOOP!

ニュース 政治

「あの、ちょっと……、私自身、その領収書を――」

 11月8日午後の国会。野党議員から“偽造領収書”疑惑について問われると、寺田稔総務相(64)はそう答弁を始めたのだった。

国会で追及される大臣

 小誌は10月6日発売号以降、妻・慶子氏が代表の政治団体「以正会」を通じた“脱税”疑惑や、慶子氏に支払われた2600万円超の事務所賃料を巡る“裏金”疑惑など、計5件の違法疑惑を報じてきた。

 10月13日発売号では寺田氏が、関係政治団体「寺田稔呉後援会」に1250万円を貸し付けているにもかかわらず、資産等報告書にその貸付金を記載せず、資産公開法違反の疑いがある旨を報道。寺田氏は小誌発売日の会見で「報告書などを精査し、資産等報告書を訂正した。以後注意する」などと述べていた。

 だが今回、この呉後援会への貸付金を巡り、新たな不記載が発覚したのだ。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年11月17日号

文春リークス
閉じる