週刊文春 電子版

「鉄筋12本が切断」ネクスコ高速道路で新たな手抜き

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 企業
宮池社長
宮池社長

「1月15日の夕方、別の橋での新たな欠陥工事が発覚し、社内に衝撃が走りました。ところが、事実上のかん口令が敷かれ、3カ月弱の間、ひっそりと修繕工事を進めてきたのです」

 そう話すのは中日本高速道路(以下ネクスコ)の幹部社員だ。

 昨年10月の小誌報道がきっかけで明らかになった中央自動車道に架かる「緑橋」(東京都日野市)の“手抜き工事”。元請けとして同工事を受注したのは大島産業(福岡県宗像市)だった。ネクスコが「施工不良箇所の再施工完了について」と題するリリースを発表したのは4月9日のこと。前出の幹部社員が憤る。

「橋の再施工などを行う過程で、緑橋以外の別の橋もウォータージェットという機械を使って橋を支える橋台部分のコンクリートを剥がしたのです。1月15日に橋台の中を見た作業員は思わず、『えっ?』と絶句したそうです。“主筋”と呼ばれるコンクリート構造物の主要な鉄筋が、6本も切断されていたのです」

 主筋が切断されていたのは、高速道路の上を跨ぐ絵堂橋(東京都調布市)だ。

「これではコンクリートが定着させられず、震度7クラスの地震が起きたら、橋が付け根から折れたり、コンクリートの塊がずり落ちる可能性もある。主筋の切断は重大事です。昨年、文春さんが報じた緑橋での配力筋(主筋にかかる力を分散させる鉄筋)が入っていなかったことと比べても、さらに安全性に大きな影響を及ぼします」(同前)

 にもかかわらず、ネクスコの発表は主筋と書かず〈鉄筋12本の切断〉と曖昧な表現でごまかしている。

 そもそも、なぜ鉄筋を切断する必要があったのか。ネクスコ関係者が明かす。

「大島産業側が設計図通りに鉄筋を組んでいなかったため一部の主筋が邪魔になり、グラウンドアンカーという工法ができなくなっていた。そこで大島産業の現場監督が、工期に間に合わせるため下請けに切断を指示したというのです。不思議なのは、鉄筋が切断されているにもかかわらずネクスコ立ち会いの検査をすり抜けていたこと。これはうっかりミスをした施工不良ではなく、明らかな偽装工事です。社内に保管されていた検査の報告書と実態がまるで違ったのですから」

 さらに驚くべきは、利用者の安全を最優先すべきネクスコの幹部の反応だ。小誌はネクスコの本社会議の議事内容が記されたメールを入手した。例えば1月15日の会議では主筋切断の事実を知った宮池克人社長がこう発言している。

社内会議の議事録
全ての画像を見る(1枚)

「これだけひどい施工状況では、すべてやり直さなければいけないのではないか」

 さらに倫理・法令遵守担当の増田優一副社長(兼総務本部長)は、こう続けた。

「世間に対して余計な心配を惹起するような公表内容にしてはダメ」

 利用者に、他の橋は大丈夫なのか? という疑念を持たせないことを優先する旨の発言をしたのだ。元国交事務次官の増田氏は続けてこう言った。

「再施工の中でいろいろ見つかったが、それも安全な状態にして再施工完了しました、と言えば良い」

 ネクスコ広報は小誌の取材にこう答える。

「(主筋切断について)再施工の途中で逐次公表はしておらず、4月9日の完了時にまとめて公表させていただいた。切断された鉄筋12本の内訳には、主筋6本も含まれています。鉄筋12本という表現は簡潔で分かりやすいと考えておりまして、特に曖昧さを意図したものではありません。個々の会議の内容についてはお答えいたしません」

 大島産業は現在、ネクスコ西日本から受注した、香川の高速道などの“耐震補強工事”を行っている。鉄筋の切断はネクスコのリリースで初めて把握したとし、文書でこう回答した。

「鉄筋の切断について、当社が下請け業者に指示した事実はございません」

 危険な橋の情報を即座に開示せず、再施工後に矮小化して発表するネクスコの企業体質に不安を覚えるのも「余計な心配」だろうか。

source : 週刊文春 2021年4月22日号

この記事の写真(1枚)

文春リークス
閉じる