週刊文春 電子版

赤の缶は廃業、緑の缶は継続“サクマドロップ”明暗の理由

THIS WEEK「経済」

森岡 英樹
ビジネス 経済 企業

 赤色の缶に入った「サクマ式ドロップス」を製造する佐久間製菓が、来年1月20日に廃業することになった。急激な円安に伴う原材料、エネルギー価格の高騰などを背景に挙げている。

「昨年度の売上高は約15億円とされますが、2012年以降、ほぼ毎年のように赤字決算を強いられ、近い将来、債務超過に転落する恐れがありました。ただ、本社不動産などを保有しており、資産超過の状態だった。今なら取引先や従業員にも迷惑をかけずに廃業できる、と判断したのでしょう」(取引銀行関係者)

初月300円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年11月24日号

文春リークス
閉じる