週刊文春 電子版

舘ひろし(71)独立で 鈴木福(16)の事務所となぜ組んだ?

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 4月1日に新事務所「舘プロ」を設立した舘ひろし(71)。石原裕次郎(1987年没)、渡哲也(2020年没)の生涯のテーマだった映画作りのために手を組んだのは、意外な芸能事務所だった。

 石原裕次郎の興した石原プロモーションが58年の歴史に幕を下ろしたのは今年1月。同事務所に38年間所属していた舘が新事務所の設立を発表したのは、それから約2カ月経った3月中旬だった。

 
全ての画像を見る(4枚)

 ただし、社名に名は冠するが、社長は舘ではない。

「都内でメディアの取材に応じた舘は、自分はあくまで『舘プロ』の所属俳優第一号だと強調していました。スタッフは舘含め、同じく石原プロから移籍してきたマネージャーなど5人。裕次郎や渡の遺志を受け継いで映画制作に携わると語った。取材に同席していたのが、社長の浅井武士氏(46)です」(スポーツ紙記者)

石原裕次郎

 石原プロの業務終了が発表されたのは昨年7月だが、その直後に渡が死去。後輩の徳重聡(42)らが移籍先を決める中、渡に師事していた舘は落ち込み、今後の身の振り方を考えられない時期もあったという。

渡哲也

「だが、周囲と話し合う中で、『こぢんまりした小さな映画でもいい』と、石原プロの“後継者”として昨年末に映画制作を決意した」(元石原プロ関係者)

 となると新会社が必要だが、「自分は社長として経営の舵を取る器ではない」と考えていた舘。一時は石原プロの元幹部が代表を務める案も浮上した。

「だが皆高齢で、かつてのコマサさん(故・小林正彦専務)のような、映画の資金集めや仕事を獲るスキルを持った人がいない。石原プロの人々は『舘プロにはタッチせず、ここで一旦、幕引きとしよう』という話になった」(同前)

 そこで舘が白羽の矢を立てたのが、親子ほども年の違う浅井氏だった。

 浅井氏は、子役育成・マネジメント事務所「テアトルアカデミー」創業家の一員。テアトルといえば鈴木福(16・現在は系列事務所所属)らを育て、全国に10校、子役を中心に役者を育成するスクールを持つ大手。浅井氏は現在、同事務所の常務を務めている。

 舘ひろしと子役事務所。この不思議なカップリングの理由は何なのか。浅井氏に訊いた。

「97年頃、知人を介して紹介され、舘さんとの親交が始まりました。石原プロ制作のドラマに多くのエキストラ協力をしてきましたが、03年頃、『弟』のロケで、小林専務から2、300人のエキストラがほしいとの依頼があり、対応しました。それを舘さんが喜んでくださり、信頼関係が生まれたと思っております」

舘の映画に福君出演、なんてことがあるかも

 石原プロの終了後、何か協力できることはないかと思っていた矢先、舘本人から連絡が入り、新会社設立の相談を受けた。そして経営を引き受けることになり、舘プロは新宿区にあるテアトルアカデミー本社の一角にオフィスを構えた。

 舘は現在、「いずれは女優も入れたい」「石原プロ伝統の『炊き出し』もやりたい」と意気込みを漏らしているという。

“男の軍団”の後継者を以て任ずる男の、子役事務所の一室からの再出発。これで“福”もついてくる!?

source : 週刊文春 2021年4月22日号

この記事の写真(4枚)

文春リークス
閉じる