週刊文春 電子版

舘ひろし(71)独立で 鈴木福(16)の事務所となぜ組んだ?

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

 4月1日に新事務所「舘プロ」を設立した舘ひろし(71)。石原裕次郎(1987年没)、渡哲也(2020年没)の生涯のテーマだった映画作りのために手を組んだのは、意外な芸能事務所だった。

 石原裕次郎の興した石原プロモーションが58年の歴史に幕を下ろしたのは今年1月。同事務所に38年間所属していた舘が新事務所の設立を発表したのは、それから約2カ月経った3月中旬だった。

 

 ただし、社名に名は冠するが、社長は舘ではない。

「都内でメディアの取材に応じた舘は、自分はあくまで『舘プロ』の所属俳優第一号だと強調していました。スタッフは舘含め、同じく石原プロから移籍してきたマネージャーなど5人。裕次郎や渡の遺志を受け継いで映画制作に携わると語った。取材に同席していたのが、社長の浅井武士氏(46)です」(スポーツ紙記者)

石原裕次郎

 石原プロの業務終了が発表されたのは昨年7月だが、その直後に渡が死去。後輩の徳重聡(42)らが移籍先を決める中、渡に師事していた舘は落ち込み、今後の身の振り方を考えられない時期もあったという。

渡哲也

「だが、周囲と話し合う中で、『こぢんまりした小さな映画でもいい』と、石原プロの“後継者”として昨年末に映画制作を決意した」(元石原プロ関係者)

 となると新会社が必要だが、「自分は社長として経営の舵を取る器ではない」と考えていた舘。一時は石原プロの元幹部が代表を務める案も浮上した。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年4月22日号

文春リークス
閉じる