週刊文春 電子版

吉谷彩子 両親が明かす「大阪弁」と「陸上部エース時代」

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画

「飛行機は向かい風を受けて高く飛ぶんや」

 

 NHKの朝ドラ「舞いあがれ!」でヒロインの舞に空を飛ぶ楽しさと厳しさを教える先輩パイロット・由良冬子役を熱演した女優の吉谷彩子(31)。実は子役時代から数えて芸歴26年のキャリアを持つ苦労人だ。

 NHK関係者が語る。

「今回は役作りのために髪をばっさりカット。移動は車から自転車に変えて体作りをしていたそうです。役柄同様のストイックな姿勢で芝居に向きあっていた」

吉谷を有名にした「ビズリーチ」のポーズ(同社HPより)

 1991年、千葉県に生まれた吉谷は、3歳の頃母の勧めで児童劇団に入団。96年、5歳の時にドラマ「最後の家族旅行」(TBS)で、デビュー。その後も子役として大河ドラマ「北条時宗」などに出演したが、中高時代は芸能活動をほぼ休止し、勉強と部活に打ち込んだ。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年11月24日号

文春リークス
閉じる