週刊文春 電子版

吉瀬美智子(46)離婚の裏で年商20億円夫が雇われ社長に

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画

「つい、この間もこっちに来て一泊して帰ったが、そういう(離婚の)話はしちょらんかったよ。最初の頃は(息子の)仕事がうまいこといって、“あげまん”じゃあ言うてね。綺麗じゃったし、よう気がつくし、ええ嫁さんじゃったがのう……」(元夫の父)

 親族にとっても寝耳に水の“電撃発表”だった。

〈突然のご報告になりますが、私、吉瀬美智子は、離婚いたしましたことを報告させていただきます〉

 4月7日、自身のSNSで10歳上の実業家・A氏との離婚を明かしたのは吉瀬美智子(46)。現在公開中の映画「シグナル」をはじめ、ドラマやCMにも数多く出演する人気女優である。

2019年には「ベストマザー賞」を受賞

「元々はモデル出身で、2003年に『噂の!東京マガジン』(TBS系)のアシスタントに抜擢されたのを機にテレビに進出。女優としては遅咲きで、当時、所属事務所が付けたキャッチコピーは〈32歳の新人女優〉。『自分に演技は向いてない』と迷っていた彼女の背中を押したのが、他ならぬAさんでした」(芸能関係者)

 05年頃に芸能関係者のパーティで出会った2人は、共通の趣味であるゴルフの話題などで意気投合。約5年間の交際を経て、10年12月のクリスマスに入籍し、2人の女児を儲けた。

「Aさんは山口県出身で、地元の調理師学校を卒業した後、フランスで修業を積んだ元料理人。90年代のラーメンブームを牽引した仕掛け人の一人で、創業した『光麺』は醤油豚骨ラーメンの先駆けとして大成功を収めました。ピーク時には年商20億円以上を売上げ、03年には美容院やネイルサロン、モデル事務所などを多角的に経営するコンサル会社を設立。実業界にもその名を轟かせていたのです」(飲食店関係者)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年4月22日号

文春リークス
閉じる