週刊文春 電子版

「三田さんもやっている」フジ女子アナ7人が“美容室ステマ”

アナウンス部長が“隠蔽工作”

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 テレビ・ラジオ

湾岸のテレビ局に響き渡る怒号。“事件”は美容室で起きていた――。女子アナたちが軽い気持ちで受けた“特別待遇”。だがそれは、就業規則に抵触し、社会通念上許されぬ行為だった。焦った部長は火消しに走るが……。放送人としての自覚が問われる内幕スクープ。

「フジテレビの社員としてアウトだ! 週刊誌に漏れたら大変なことになるぞ!!」

 3月下旬、フジテレビアナウンス室の会議室に怒号が鳴り響いた。声の主はアナウンス室のナンバー2、野島卓(たかし)部長(54)。会議室には何人もの女性アナウンサーたちが呼び出され、青ざめた表情で退出していく。

野島卓アナウンス室部長

 彼女たちは一体、何をしてしまったのか――。

“事件”が発覚したきっかけは、広報部に来た1本の取材申請だったという。

「ある週刊誌が女子アナ記事を作るにあたり、井上清華(せいか)アナ(25)の足の指がネイルサロンのサイトで公開されている事実について問い合わせて来た。そこで広報部が『まさか宣伝に加担しているのでは?』と“キナ臭さ”を察知。アナウンス室に調査するよう求めたのです」(フジ関係者)

井上アナ(店のインスタより)

 野島部長は井上を呼び出して詰問。そこからアナウンス室の“パンドラの箱”が開いていく。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年4月22日号

文春リークス
閉じる