週刊文春 電子版

「五輪は1年延期を」西浦教授怒りの直言

《今こそ「過去最大の危機」》《ワクチン接種は来年までかかる》

「週刊文春」編集部

PICKUP!

ニュース 社会 政治 医療 ヘルス

「今が新型コロナウイルスが日本に上陸してから最大の危機」。西浦教授はそう語気を強める。変異株の拡大は止まらず、ワクチン接種は遅々として進まない。ならば五輪の再延期を――。西浦教授の直言とは裏腹に、今夏開催に拘泥する菅政権の狙いを露わにする!

 4月13日午前9時過ぎ、万博記念公園(大阪府吹田市)で第一走者の歌舞伎役者・片岡愛之助がトーチを片手に走り出した。公園に一般の観客は入れず、観覧できるのはランナー1人につき家族4人まで。

 まん延防止等重点措置(以下、重点措置)が大阪府に適用され、公道での実施は中止。聖火リレーは異例の形式で決行された。

 だが、公園の外では、これまでにない非常事態が起きている。同日、大阪府の新型コロナウイルスの新規感染者数が過去最多の1000人を記録したのだ。

 ワクチン接種が遅々として進まない中、アクセルとブレーキを同時に踏むような政策。大阪の光景は、それを象徴していた。

「大方の国民へのワクチン接種が1年後にできているのなら、東京五輪も1年『再延期』するのが、有効な選択肢ではないでしょうか」

 こう語るのは、京都大学大学院医学研究科・西浦博教授(43)。数理モデルを駆使した感染データの分析が専門で、“8割おじさん”として知られる。厚労省感染症対策アドバイザリーボードの一員でもある。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年4月22日号

文春リークス
閉じる