週刊文春 電子版

長友佑都 サッカー推薦を得られず苦悩「やめて競輪選手に」

W杯日本代表の逆転人生

「週刊文春」編集部
エンタメ スポーツ

「今でこそ私の『背中でみせる男になれ』との言葉を体現してくれていますが、実はサッカーを諦めようとした時期がありました」

 こう明かすのは長友佑都(36)の中学時代の恩師、井上博氏(53)だ。

「みんな、ブラボー、ブラボー、ブラボー」

 ドイツ戦勝利後にこう叫んだ長友。カタールでの様子をスポーツカメラマンの渡辺航滋氏が語る。

「“長友塾”といわれているほど若手に慕われている。練習のランニングの時には相馬勇紀が積極的に話しかけ、コンディション作りなどについて聞いています」

ムードメーカーとして若手を鼓舞

 愛媛県西条市出身の長友は、中学進学時に地元の強豪チーム「愛媛FC」のセレクションに落ち、西条北中のサッカー部に入った。監督だった井上氏が語る。

「しょうがなく部活をやる感じで、生活態度も荒れていた。髪の毛を染めてゲームセンターに通ったりね」

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2022年12月8日号

文春リークス
閉じる