週刊文春 電子版

1シーン18時間 竹野内豊は結婚も演技も悩みまくる

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

「職権を発動します!」

 そう宣言した裁判官が自ら現場検証を行うという異色の法廷ドラマ「イチケイのカラス」(フジテレビ系)。竹野内豊(50)が主演として11年ぶりに帰還した月9は、初回視聴率が13.9%と好スタートを切った。

「竹野内さんは『視聴率はよくないかも』と消極的でしたが、数字が良くて『すごいですね!』と大喜びしたそうです」(フジ関係者)

昨年の「男性が選ぶ“なりたい顔”ランキング」で1位に

 フジの月曜9時といえば「ロングバケーション」(1996年)や「ビーチボーイズ」(97年)など竹野内が人気俳優となるスプリングボードとなったドラマ枠。月9の主演は2010年の「流れ星」以来だ。

 今回、竹野内が演じるのは刑事裁判官。「イチケイ」こと東京地方裁判所第3支部第1刑事部を舞台に、東大法学部出身の堅物エリート裁判官役の黒木華(31)、上司役の小日向文世(67)など、実力派が脇を固めている。

 撮影は昨年11月から約5カ月間行われ、すでにクランクアップ。裁判用語が飛び交う法廷シーンには出演者も手を焼いたという。

法廷シーン(番組HPより)

「竹野内さんは台本を読んで『勉強になりました』と話す一方で、黒木さんに『裁判の用語は難しいね』と苦笑いしていた。法廷のシーンで、竹野内さんが『異議を棄却します』という短いセリフを『いぎょうを……』と言い間違えて何度もNG。法廷内は大爆笑でした。セリフ覚えが苦手なんです(笑)」(現場スタッフ)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年4月29日号

文春リークス
閉じる