週刊文春 電子版

櫻井翔(39)が17歳下広瀬すずに忖度する本当の理由

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画

 櫻井翔(39)が嵐の活動休止後、先陣を切って登場した4月期の連ドラ「ネメシス」(日本テレビ系)。初回視聴率は11.4%、2回が9.5%とまずまずの滑り出しを見せた。

“ポンコツ探偵”風真尚希を演じる櫻井と、天才アシスタント・美神アンナ役の広瀬すず(22)のW主演という形の同ドラマ。

広瀬は櫻井の女神様となるか

「嵐5人の今後を占う意味でも重要で、注目度が高い。そこで起用されたのが北島直明プロデューサーです」(スポーツ紙デスク)

 日テレ局員の北島氏は櫻井と慶応大学経済学部の同級生。昨年配信された嵐のドキュメンタリー「ARASHI's Diary Voyage」(Netflix)にも櫻井の友人として出演した間柄だ。映画『キングダム』などを制作したヒットメーカーである。

「大学の同級生なんですよ」

 2年前、北島氏が櫻井を、関係者にそう紹介する場面が目撃されている。

「『ネメシス』の企画はその半年前から始まり入念に準備を重ねてきた。ドラマでキャラクターを育て、いずれは映画化するという計画のもと進められた」(同前)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年4月29日号

文春リークス
閉じる