週刊文春 電子版

フジ女子アナ“ステマ”「何が悪いの?」「部長が騒いだせいで」実況中継

「週刊文春」編集部
エンタメ 社会 テレビ・ラジオ

「局は『ステルスマーケティングに該当しない』と主張していますが、いまだにきちんと調査をしているという話は聞こえてこない。アナウンス室のナンバー2、野島卓(たかし)部長(54)が『これはまずい』とインスタグラムの投稿の削除に躍起になり、“隠蔽工作”を続けていることこそ、何よりの証拠になるのですが……」(フジテレビ関係者)

 小誌が先週号で報じたフジテレビ女子アナ7人の“ステマ問題”。ステマとは「消費者に宣伝や広告と気づかれないように行われる宣伝行為」のことである。その一つ「利益提供秘匿型」は、第三者に報酬を支払うなど経済的利益を提供して、SNS等で商品やサービスの掲載を依頼しているにもかかわらず、その事実を広告と表示しない場合を指す。

「7人の女子アナたちは、通っていた美容室A(仮名)とその系列店において、無料でサービスを享受する代わりに、店のインスタに自身の写真の掲載を認め、広告塔の役目を務める行為をしていたのです」(同前)

 その7人とは「めざましテレビ」MCの井上清華アナ(25)、「プライムオンラインTODAY」MCの宮澤智アナ(31)、「めざましどようび」MCの久慈暁子アナ(26)。さらに堤礼実アナ(27)、三上真奈アナ(32)、杉原千尋アナ(25)、海老原優香アナ(27)である。

井上アナ(店のインスタより)
宮澤アナ(店のインスタより)

 彼女たちは報道番組でニュースを読む立場でもあるのだが、「コンプライアンスの理解すらしていなかった」(同前)という。

「発覚後も『何が悪いの?』『だって、みんなやってるじゃないですか』と悪びれる様子がなかったといいます。だからこそ、井上が簡単に“自白”した後、お互いを密告しあってメンバーが増えていった」(同前)

 小誌発売日の4月15日、フジは「バイキングMORE」で、伊藤利尋アナ(48)が「お騒がせして申し訳ない」と謝罪するも、「ステマに該当する行為はない」とする社の見解を示した。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年4月29日号

文春リークス
閉じる