週刊文春 電子版

田中みな実はマネージャー・クラッシャー 事務所移籍の真相

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ

 4月18日の昼下がり、自宅からタクシーに乗り込んだ田中みな実(34)は表参道の行きつけのチョコレートショップ「ジャン・シャルル・ロシュー」に降り立つ。カーキ色のオールインワンに薄手のブルゾンという春らしい装い。帽子とマスクで顔を覆うも、令和版“美のカリスマ”のオーラは滲み出ていた――。

 田中がTBSのアナウンサーからフリーに転身したのは2014年秋のこと。それから苦節5年。19年12月に出版した写真集が売上60万部という空前のヒットを記録し、女性人気に火がついた。ドラマ「M 愛すべき人がいて」(テレビ朝日系)で魅せた怪演で女優として注目を浴び、現在は「生きるとか死ぬとか父親とか」(テレビ東京系)に出演中。CM5社を抱えるなど、飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍の場を広げている。

「生きるとか死ぬとか父親とか」(テレ東)より

 だが、彼女を知る芸能関係者は、美の裏に隠れた“棘”の存在を打ち明ける。

「彼女は“マネージャー・クラッシャー”。スタッフがバタバタと倒れている」

 フリー転身後、田中が所属したのはアナウンサー・宮根誠司(57)、羽鳥慎一(50)などが所属する芸能事務所テイクオフだ。同社関係者が苦渋の表情で語る。

「彼女が在籍していた6年間で計4人のマネージャーが次々“クラッシャー”の被害に遭い、担当を外れました。歴代マネージャーは『機嫌が悪いと無視される。コミュニケーションが取れない』と口を揃え、心を病んでいった。一緒に車中にいるのに『飲み物を買ってきて』とLINEで指示された、というマネージャーもいました」

 仕事の選別も厳しかった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年4月29日号

文春リークス
閉じる