週刊文春 電子版

スウィートパワー セクハラ社長のパワハラLINE

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 芸能
黒木
黒木

 黒木メイサや桜庭ななみらを擁する芸能事務所スウィートパワーの岡田直弓(なおみ)社長(53)。小誌3月11日発売号では、所属する未成年女優に“夜のダブルベッド”を強要するなど、セクハラ行為を重ねていたことを報じたが、今度は……。

 天才的な“審美眼”で、数々の美少女を発掘してきた岡田氏。芸能界きっての敏腕社長として知られるが、事務所の元社員はこう証言する。

「岡田社長は所属女優へのセクハラだけでなく、事務所スタッフへの“パワハラ”も酷いんです。『死んで来い』とか『バカ野郎』とか、罵声を浴びせられるのは日常茶飯事でした」

 例えば、社長の運転手には、後部座席の岡田氏が弁当を出したら紙エプロンを渡し、食べ終わったら糸ようじと紙コップに入れた洗口液を渡し、最後に吐き出した洗口液を処理する――などの仕事があるという。

「それぞれのタイミングが少しズレるだけで、わざわざ車を停めて『死ね』と数十分間怒鳴り散らされます。お気に入りの道を通らなかったという理由で、後部座席から運転席を蹴り上げられたり。『このハゲー!』の豊田真由子元衆院議員とソックリです」(別の元社員)

 LINEで社員らを罵ることも少なくなかった。小誌は今回、岡田氏が社員らに送信した複数のLINEを入手。そこには〈しね〉〈死んでこい〉〈頭悪すぎます〉などの言葉や、差別的な表現が記されていた。

岡田氏が社員らに送ったLINE
全ての画像を見る(3枚)

 事務所関係者が明かす。

「少しでも連絡が付かないと〈しね〉とLINEを送ってくる。謝っても〈頭悪すぎます〉などと返してくるだけ。あまりに怒っている時はA4用紙に手書きで5枚以上、始末書を書かされる。謝罪しても無視されます」

 こうした罵声や罵倒するメールだけではない。タレントが乗る車などを運転して、車を擦るなどの自損事故を起こした際には、

「事務所は車両保険に入っていますが、基本的にはぶつけた本人が自腹で修理させられます。事故を起こすと保険の等級が下がってしまう。その分、高くなった保険料を支払わされた社員もいました」(元従業員)

 これら岡田氏の言動について、パワハラ問題に詳しい法律事務所アルシエンの竹花元弁護士が指摘する。

「業務に関して口頭やLINEで『死ね』と暴言を吐いたり、運転手が道を間違えたことに対して運転席を後ろから蹴り上げるなどの暴力を行うことは、パワハラ(労働施策推進法)に該当します。また、パワハラや車両の修理代の自己負担が事実であれば、前者については慰謝料が、後者については支払った金銭の少なくとも一部に相当する金額の損害賠償が認められる可能性が高いと言えます」

ジヨン

 セクハラに加え、新たに明るみに出たパワハラ。社員らの退社も相次いでいるというが、所属タレントの離反も目立つ。これまでも堀北真希や元KARAのジヨンらが退所してきたが、ここに来て、新たな退所者が出た。男性部門スパイスパワーに所属していた気鋭の若手俳優、高杉真宙(まひろ)である。

「岡田社長は高杉のことを当初『愛情もないし、全く可愛くない』と言い放っていましたが、彼が売れてくると、担当の女性マネジャーを『男に狂うな!』などと怒鳴るようになりました。そうした社長のやり方に、高杉も嫌気が差したようです。4月11日で事務所を辞め、独立したことを発表しました」(前出・事務所関係者)

 その高杉に続くと見られるのが、

「桐谷美玲です。彼女は三浦翔平との結婚後、事務所との契約を解消したがっている。黒木も以前から『辞めたい』と漏らしており、退所が取り沙汰されています」(同前)

桐谷

 事務所に事実関係の確認を求めたところ、

「(パワハラ発言は)従業員に対する指導及び教育の中で一部厳しい言葉を使用することはありますが、具体的な言葉は覚えておりません。(事故の修理代は)本人の承諾の下、修理代を本人に負担いただいた事実がございます。(桐谷らとの契約は)存続しています。契約内容については、一切お答えできません」

 スウィートパワーの労働環境は、あまりにビターすぎるのだった。

source : 週刊文春 2021年5月6日・13日号

この記事の写真(3枚)

文春リークス
閉じる