週刊文春 電子版

大谷翔平 美人バレー選手との仲を2人の父に聞くと…

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 スポーツ

 メジャー4年目の今季から投打同時出場する「真の二刀流」が始動したロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平(26)。4月21日には5号目、日米通算100号目となる本塁打を放った。

 

 岩手に住む大谷の父・徹さんを訪ね、「大活躍ですね!」と声をかけると、

「去年は怪我があったけど、今は体調的にはいいのかな。(18年に右肘を)手術して、投げられるようになったというのが一番嬉しいし、本人にとっても良かったなと。この前(4月5日)はスライディングを受けて怪我しそうだったので心配で連絡しましたけど、大丈夫で良かった。あとは時差もあるし、連絡なんてほぼしません。コロナもあって2年くらい会えていません」

 そんな大谷の現地の様子をロス駐在のメジャーリーグ担当記者に聞いてみた。

「ホームで試合がある日は愛車のテスラで球場とすぐ近くの自宅マンションを直行直帰。車はガルウィング仕様のモデルXという車種でカラーは珍しいマットブラック。いつも専属通訳兼マネージャーの日本人男性と一緒に行動しており、女性の影は見当たりません」

 3年前には都内のタワーマンションの一室を約2億円で一括購入している。

「部屋は最上階にあるメゾネットタイプで上下階合わせて120平米ほど。昨オフはコロナの影響もあって岩手にも帰省せず、外食や買い物も控えて練習以外はほとんどタワマンから出ることなく過ごしていたそうです」(スポーツ紙記者)

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年5月6日・13日号

文春リークス
閉じる