週刊文春 電子版

「在宅ひとり死」実践者に学ぶ 橋田壽賀子は…

「週刊文春」編集部
ライフ マネー ライフスタイル 医療

 人生のフィナーレは施設や病院ではなく、慣れ親しんだ自宅で自分らしく迎えたい――。社会学者の上野千鶴子氏が提唱する「在宅ひとり死」を望む高齢者が増えている。では、どのような準備をすれば、実現できるのか。看取りのプロなどの体験をもとに徹底解説。

「渡る世間は鬼ばかり」(TBS系)やNHK連続テレビ小説「おしん」など、数々の名作を世に送り出した脚本家の橋田壽賀子氏(享年95)。著書『安楽死で死なせて下さい』(文春新書)でこう綴っていた。

大往生だった橋田氏

〈自宅で看取ってくれるお医者さまがいれば、安心して死ねるでしょう。誰だって本当は、自分の家で死にたいのですから〉

 その希望通り、4月4日、海を一望する別荘地にある家で、女優の泉ピン子が見守るなか、息を引き取った。

橋田氏を看取った泉ピン子

 故人の遺志で葬儀や告別式は行われず、両親が眠る愛媛県今治市の墓に納骨された。

 橋田氏と親交があり、『なんとめでたいご臨終』の著者で、日本在宅ホスピス協会会長や小笠原内科・岐阜在宅ケアクリニック院長を務める小笠原文雄医師は、こう回想する。

小笠原医師

「橋田先生は『安楽死したい』とおっしゃっていましたが、安楽死は殺人行為なので、安楽には死ねません。僕は安楽死のつらさを説明して、在宅ホスピス緩和ケアを利用すれば、ひとり暮らしでも家で安らかに死ぬことはできますよとお伝えした。すると『やっぱり家で死にたいわ』と言っておられました」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年5月6日・13日号

文春リークス
閉じる