週刊文春 電子版

福岡5歳児虐待 洗脳母が拘置所で「息子が夢に出る」

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 教育

「こっちに来ませんか」

 2016年4月。3児を育てる碇(いかり)利恵(39)は、周囲から浮いていた巨躯の母親に声をかけ、ママ友の輪に誘った。その春、子供を同じ幼稚園に転入させてきた赤堀恵美子(48)だ。それが地獄の始まりだった。

 

碇被告

 福岡県篠栗町で、碇の三男だった5歳児の碇翔士郎(しょうじろう)ちゃんが餓死したのは、昨年4月18日のこと。今年3月、碇と赤堀が保護責任者遺棄致死の容疑で逮捕され、後に起訴された。

赤堀被告

 赤堀は一貫して容疑を否認。大分に住む老父は「今も娘を信じる」と居直る。

「マインドコントロールというけど、家庭は別々だし、我が子が餓死するまで母親がなんもせんて、ちょっとおかしかなかですか?」

 だが、事件の根底にあるのは、赤堀の常軌を逸した洗脳支配。人の良い碇を懐柔していく手口の詳細も新たに分かってきた。キーワードは“アメとムチ”だ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年5月6日・13日号

文春リークス
閉じる