週刊文春 電子版

議員辞職へ 菅原一秀 小誌だけが書ける現金配布リスト

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

「読売新聞は『菅原氏が町内会などに配布した会費は3年間で数十万円』などと報じていましたが、そんなに少ないはずがありません」

 そう語るのは、菅原一秀元経産相(59)の元秘書だ。

 司法担当記者が言う。

「読売が4月23日朝刊で、菅原氏の“有権者買収”に新たな動きが出たことを報じました。選挙区の行事で、『祝儀』などの名目で現金を配っていた疑いが浮上。特捜部が菅原氏を任意聴取したというのです」

 全ての発端は、小誌19年10月24日発売号の報道だった。地元有権者の通夜に出席した公設秘書が、当時経産相だった菅原氏の代理で香典を渡す一部始終を撮影。翌25日、菅原氏は大臣を辞任した。

発売翌日に大臣を辞任

「その後、菅原氏は選挙区内の寄付行為を禁じた公職選挙法違反の疑いで告発された。ただ、菅原氏の代理人は総務省接待問題の第三者委員会座長も務める吉野弦太弁護士。政府寄りのヤメ検で、当時の森本宏特捜部長とも直接やり取りする関係です。落とし所を探った結果、不起訴処分となった。しかし今年3月、検察審査会が『起訴相当』と議決。特捜部も動かざるを得なくなったのです」(同前)

 今回の捜査対象も地元有権者への現金配布。事務所の元スタッフが明かす。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年5月6日・13日号

文春リークス
閉じる