週刊文春 電子版

吉川ひなの 自著で明かした両親タカリの衝撃

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 読書 ライフスタイル

〈全然、幸せじゃなかった〉

 5月13日にエッセイ『わたしが幸せになるまで 豊かな人生の見つけ方』(幻冬舎)を上梓するモデル・吉川ひなの(41)。そこに綴られていたのは――。

 93年に芸能界入りした吉川。瞬く間に“9頭身美少女”としてスターダムを駆け上がった。99年、19歳でSHAZNAのボーカルIZAMと結婚したが、

「7カ月でスピード離婚。その後はパリコレに出演したりもしていましたが、テレビに登場する機会は減っていった」(芸能関係者)

 一世を風靡した彼女が今回、エッセイで初告白したのが、当時は明かしてこなかった“親との関係”だ。

過去を初告白したエッセイ(同上)

 実は、幼少期は家の電気が止まり、借金取りに追われる日々だったという吉川。それでも、彼女の稼ぎで一家は〈豪邸〉で暮らすようになった。多摩エリアの住宅街に佇む広さ200平米の2階建てと見られる。

 だが、次第に吉川は芸能界に嫌気が差していく。90年代後半のことだ。別の仕事で生きていこうと考えた彼女は両親を訪ね、〈今までわたしが働いて稼いだ貯金を分けてほしいとお願いしに行った〉。すると、

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2021年5月20日号

文春リークス
閉じる