週刊文春 電子版

強盗犯に 甲子園優勝キャプテンが駒大を追われた“事件”

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 スポーツ

 埼玉代表の花咲徳栄高校が初制覇した2017年夏の甲子園。主将として深紅の優勝旗を受け取る少年の顔は誇りに満ちていた。その2年半後、元球児は刑事事件の被告となっている。

 ◆◆◆

「すみません、お宅の塀に車をぶつけちゃって、ちょっと見てもらえますか」

 昨年4月26日。夜9時半を過ぎていたが、インターフォン越しにそう告げられ、応対しないわけにはいかなかったという。家の男性(60)は玄関のドアを開けた瞬間、頭部を強烈に殴打された。男性の妻(58)は、押し入ってきた賊に顔を切られながらも大声で助けを求めた。

 向かいに住む親族の男性が振り返る。

「悲鳴を聞いて『なんだ!』と怒鳴りながら外に飛び出すと、黒ずくめの恰好をした男3人が走って逃げていったんです。仲間が待機してたんだろうね、奴らは数十メートル先に停めてあった白い車に乗り込み、急発進して逃げた。5分ほどの出来事だったと思う」

 現場は千葉県八街(やちまた)市郊外にある民家。玄関付近にはバールやナイフなどの凶器が落ちていた。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2020年2月13日号

文春リークス
閉じる