紅白8回 コブクロ不倫相手が「自殺未遂」していた

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

「蕾」「桜」「赤い糸」など数多の名曲を持つ“国民的デュオ”コブクロ。2019年には「大阪上海友好交流大使」に就任、25年開催予定の「大阪・関西万博」のテーマソングを歌うことも決まるなど、公的活動も行っている。

 だが、その“大きいほう”こと黒田俊介(44)に先月“事件”が起きていた。

 1998年、大阪で路上ライブをしていた黒田と小渕健太郎(44)。そこに偶然通りかかった和歌山の実業家がサポートする形でスタートしたのがコブクロだ。

相棒の小渕

「小渕の書く楽曲と黒田の甘い歌声で01年にブレイク。紅白出場も8回を数える。結成23年の今年は、7月から全国ツアーも予定している」(音楽記者)

 3月26日には「とくダネ!」(フジ)の最終回に登場し「卒業」を熱唱。司会の小倉智昭の涙を誘った。

 ことが起きたのはそのわずか2週間後。きっかけは、黒田の不倫だった。

 05年に元同級生と結婚し、今は3児の父親でもある黒田。17年秋、当時20代後半の戸田恵梨香似の女性、A子さんと出会った。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2021年5月20日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる