スクープ撮 斉藤由貴・背教のダブル不倫

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能

『カンナさーん!』『西郷(せご)どん』と出演作が目白押しの斉藤由貴。魔性と呼ばれた独身時代は遠く過ぎ去り、平穏な日々を過ごしているかと思いきや、地元・横浜で妻子ある医師と密会を重ねていた。尾崎豊、川﨑麻世以来、24年ぶりの不倫疑惑の真相をすべて書く。

◆ ◆ ◆

あるマンションの中へ姿を消した

 7月24日月曜日の午後12時25分――横浜の港に近い高級住宅街の一軒家から走り出た黒のポルシェ・カイエンは、山手地区の丘に建つ教会の駐車場へと滑り込んだ。

 月曜日の教会は礼拝のある日曜日と比べ、ひっそりとしてひと気がない。

 カイエンから一人で降りてきたのは、女優の斉藤由貴(50)。白の花柄ワンピースに顔が隠れるような黒の麦わら帽子を被った彼女は、なぜか教会の中には入らず、教会脇の坂を小走りに下って行った。

 坂を下るとそこは横浜・元町商店街。「キタムラ」や「フクゾー」といったハマトラのショップが建ち並ぶ、市内きってのショッピングエリアだが、斉藤は目もくれず川を渡って中華街方面へ。そして周囲をうかがうと、あるマンションの中へ姿を消した。

 そこは1Kと1DKの部屋のみ20戸ほどの小さなマンションだ。斉藤がマンションに入ってから2時間弱。白髪交じりのおしゃれな中年男性が出てきた。TシャツのVネックにメガネを引っ掛け、コットンパンツのラフな格好で、何も持たず元町方面へと歩いて行った。

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2017年8月10日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる