松本潤が売った“4年恋人”逢瀬の高級マンション

「週刊文春」編集部
エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画 音楽

 実は大河の座長を引き受けるにあたっては、かなり悩んだという松本潤(39)。

 

「信長や秀吉に比べると、家康はあまりキャラが立っていない。それに戸惑って、主役の経験のあるジャニーズの先輩の岡田准一や、仲の良い小栗旬に相談したそうです」(スポーツ紙記者)

19年には個人事務所も設立

 2020年いっぱいで嵐は活動休止。ソロ活動に専念しているマツジュンは、正念場を迎えている。

「22年のドラマ『となりのチカラ』(テレビ朝日系)は平均視聴率10%に届かなかった。今作では本編放送後の紀行コーナーにも登場するなど、必死で盛り上げようとしています」(同前)

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年3月9日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫
閉じる