週刊文春 電子版

ジャニー喜多川は関西の少年たちを「ホテル」に呼び出す

「週刊文春」編集部

PICKUP!

エンタメ 芸能 テレビ・ラジオ 映画 音楽

 3月18日、イギリス国営放送「BBC Two」のゴールデンタイムで放送された1時間の番組が日本を含めた全世界向けの「BBCワールドニュース」で放送される。タイトルは、「Predator : The Secret Scandal of J-Pop(J-POPの捕食者 秘められたスキャンダル)」。取り上げられたのは、ジャニーズ事務所の創業者・ジャニー喜多川氏(2019年死去、享年87)によるジャニーズJr.たちへの性加害問題である。

 

 日本ではずっと黙殺され続けてきたジャニー氏による性加害問題。唯一、正面から取り上げたのが「週刊文春」だった。小誌は1999年10月から14週にわたってキャンペーン報道を展開。被害を受けたジュニアたちの告発をもとにジャニー氏による性的虐待の実態を明るみに出した。
 

 キャンペーン報道が始まった直後の99年11月、ジャニー氏と事務所は小社・文藝春秋を名誉毀損で提訴。2002年3月の東京地裁判決は、主要な9つの争点のうち、ジャニー喜多川氏の「性加害」ほか5件の真実性・相当性を否定。小社にジャニー喜多川氏へ440万円、ジャニーズ事務所へ440万円の支払いを命じた。


 双方が控訴して迎えた03年7月の高裁判決は一転、東京地裁判決が認めなかったジャニー喜多川氏による「性加害」の真実性を認めた。ただしジュニアらが日常的に飲酒、喫煙をしていること、ジュニア4人が起こした万引き事件をジャニーズ事務所とテレビ局が封印したこと、所属タレントが冷遇されていること等については、一審に続いて真実性・相当性を認めず、小社にジャニー喜多川氏へ60万円、ジャニーズ事務所へ60万円の支払いを命じる判決を下した。ジャニー喜多川氏とジャニーズ事務所は、高裁判決を不服として上告したが、最高裁はこれを受理せず、04年2月に高裁判決が確定した。 

 

 今回、BBCは番組制作にあたり、当時小誌で取材を担当した記者らを複数取材。その上で被害を受けた元ジュニアたちにインタビューを試みた。番組が大きな反響を呼び、今回の全世界配信が決定したという。

 

 ジャニーズJr.への性加害が世界に注目される発端となった小誌のキャンペーン報道。その中より、ジャニー氏の性的虐待について報じた記事をアーカイブ公開する。
 

※記事の本文には今日的に不適切な表現が含まれておりますが、資料としての価値を鑑みて当時のまま掲載しています
※プライバシー保護などの観点から本文やタイトルなど一部編集をしている場合があります

 関西のジャニーズJr.たちも、ジャニー喜多川氏による「ホモ・セクハラ」に悩まされていた。ファンの人々も、ジャーナリストも、彼らの詳細な証言に耳を傾けていただきたい。もしも、自分の子供や友人がこんな目にあったとしたら、黙って看過せるだろうか——。(初出:1999年11月25日号「週刊文春」 年齢・肩書き等は掲載当時のまま)

◆◆◆

 先週末、ジャニーズ事務所関連の記事が、スポーツ新聞に大きく取り上げられた。

初月300円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 1999年11月25日号

文春リークス
閉じる