「また会おうね……」

 

 4月7日、NHK朝ドラ「らんまん」で、主人公の母・ヒサは子どもたちにそう言い残し、息を引き取った。自ら演じたシーンを観て「家族で号泣した」と言うのが広末涼子(42)だ。

 高知県に生まれた植物学者・牧野富太郎をモデルにした今作。同じ高知出身の広末は、芸歴29年目にして初の朝ドラ出演となる。

NHK朝ドラ「らんまん」より

「病弱な母という役柄ですが、現場での広末さんは元気いっぱい。地元が取り上げられるのが嬉しいようで、『藁焼きが美味しいの!』『高知城は桜が綺麗で……』と松坂慶子さんら共演者にアピールしています。セリフも当然、苦労することなく、主演の神木隆之介さんに土佐ことばを教えていたことも」(NHK関係者)

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2023年4月20日号