週刊文春 電子版

安倍首相「大物秘書」が立ちションで連行された!

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

 暦の上では立春だが、身を刺すような寒さが深まった2月4日の午後9時頃。東京・千代田区永田町の首相官邸付近で、事件が起きた――。

 官邸と衆議院第一議員会館の間にある坂道で、70歳くらいの男が、口にタバコをくわえて、立ちションしていたのだ。

◆ ◆ ◆

 官邸周辺の警備警戒にあたっていた機動隊がすぐさま駆け寄り、男の身元を確認した。なんとその男は、永田町で知られた「大物秘書」だったのである。

「安倍晋三事務所の私設秘書である西山猛氏でした。その当時、酒は飲んでおらず、素面。立ちションはれっきとした犯罪行為です。西山氏は最寄りの麹町警察署に連行されましたが、今回は情状酌量により、始末書処分で済みました」(警察関係者)

 公共の場所で立ち小便をすれば、軽犯罪法違反となり、1日以上30日未満の拘留、もしくは1000円以上1万円未満の罰金となる。

 また、千代田区は生活環境条例で区内全域を路上禁煙区域に指定しており、路上での喫煙は条例違反にあたる。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2020年2月20日号

文春リークス
閉じる