週刊文春 電子版

誤嚥性肺炎は食べながら治す〈全国「食医」リスト付〉

塩田 芳享
ライフ 医療 ヘルス

 日本の医療では、誤嚥性肺炎を起すと「絶食」するのが当り前。“炎の料理人”周富徳さんも最期の半年間、食べることを許されなかった。だが先進的な専門家は「食べた方が治る」と口を揃える。長年、問題に取り組んできた彼らが「口から食べる」ノウハウを伝授する。

◆ ◆ ◆

“炎の料理人”と言われ、誰よりも食を愛した周富徳さんが亡くなったのは、2014年の4月。まだ71歳だった。

「病気の父は『せめて、大好きなイチゴだけでも食べたい』と言っていました。そんなわずかな願いさえも叶えてあげられないまま亡くしてしまったことは、家族として本当に無念です」

 そう語るのは、息子の周志鴻さんだ。

誤嚥性肺炎で2014年に亡くなった周富徳さん(右)。息子の志鴻さんと

 入院していた富徳さんは、最期の半年間食べることを禁じられた。その理由は、今やがんよりも怖いと言われる誤嚥性肺炎である。

 過酷な闘病生活を志鴻さんが振り返る。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年2月15日号

文春リークス
閉じる