週刊文春 電子版

茨城妻子6人殺害 小松博文容疑者、獄中告白

「週刊文春」編集部
ニュース 社会

 昨年10月6日早朝、茨城県日立署に一人の男が駆け込んだ。「家族を殺して、自宅に火をつけた」。県営住宅の一室から見つかったのは、妻と5人の子の変わり果てた姿。男はなぜ、家族に手をかけたのか。3時間半にわたり、拘置所の面会室ですべてを語った――。

◆ ◆ ◆

〈両親は他界しており、天涯孤独で身元引受人もいない。自分のしたことについて争うつもりはありません。極刑は覚悟しています〉

 小松博文容疑者(33 以下、ヤマカッコは同容疑者の発言)は、ガラス板越しに視線を外さず一気にそう言うと、付け加えた。

小松博文容疑者(恵さんのFacebookより)

〈どんな理由があるにせよ、自分がやったことは許されないことだと思います〉

 2017年10月6日、茨城県日立市の県営アパートで、小松恵さん(33=当時・以下同)と、長女の夢妃(むうあ)ちゃん(11)、長男の幸虎(たから)くん(7)、次男の龍煌(りゅあ)くん(5)、双子で三男の頼瑠(らいる)くん(3)と四男の澪瑠(れいる)くん(3)が殺害された。母子6人を次々に包丁で刺し、部屋に放火。殺人容疑で逮捕されたのは、恵さんの夫であり、5人の子供の父親である小松博文だった。

 なぜ小松は、妻と幼い子供たちの命を奪うという凶行に及んだのか――。

初月300円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

  • 電子版+雑誌プラン

    29,500円一括払い・1年更新

    2,458円/月

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年2月15日号

文春リークス
閉じる