週刊文春 電子版

「突然死」これだけは知っておきたい前兆と予防

「週刊文春」編集部
ライフ ライフスタイル 医療 ヘルス

 いつまでも若々しいイメージのあった大杉漣さんが世を去った。「突然死」のほとんどは「血管事故」によるものだが、血管の異常はなかなか察知できないもの。発作時のベストな対処法は? 日常心掛けるべき予防法は何か――経験豊かな専門医たちに話を聞いた。

◆ ◆ ◆

 誰もが予期せぬ訃報だった。

 2月21日未明、俳優の大杉漣さんが、急性心不全のため、66歳の生涯を閉じた。

大杉さんは66歳だった

 前日の20日は、朝8時から千葉県内で行われたドラマ「バイプレイヤーズ」(テレビ東京系)の撮影に参加。収録後、スタッフらと食事をしてホテルの部屋に戻ったものの、しばらくして共演者にグループLINEで体の異変を訴えた。

「大杉さんが腹痛を訴えたため、共演者の松重豊さんが付き添い、タクシーで病院へ向かったそうです。ところが容体は好転せず、午前4時前、大杉さんは駆けつけた家族や共演者、スタッフに見守られながら、息を引き取りました」(芸能デスク)

 自らチームを結成するほどサッカー好きで、健康雑誌のインタビューでも「病んだ役でも実際に病んでいては演技できない。自分の年齢なりの健康を日頃から心がけている」と語っていた大杉さん。その訃報は、予期せぬ死別が誰にでも起こりうることを教えてくれている。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年3月8日号

文春リークス
閉じる