週刊文春 電子版

森友国会 自民仕切り役・石井準一議員が参院職員と「アーンして」不倫

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治

 朝日新聞が“文書書き換え”問題をスクープする1週間前の2月23日夜。

 都内のある高級ホテルで“不審”な動きをする男の姿があった。男はエレベーターを降りると、なぜか客室フロアを2周。何度もあたりを見回し、ようやく、一室の鍵を開けて、中に入った。それから10分後。一人のアラフォー美女がフロアに姿を現すと、先ほど男が入った部屋へと吸い込まれていった。

 この男性の正体は、参議院自民党筆頭副幹事長の石井準一氏(60)である。

◆ ◆ ◆

 石井氏といえば、大学中退後、18歳で“政界の暴れん坊”の異名を持つハマコーこと故・浜田幸一元衆院議員の書生となり、以後11年を務め上げた。

 千葉県議5期、約20年を経て、07年参院選に出馬し、初当選。現在2期目ながら、参院自民党内でその存在感は抜群だ。

「若い議員に声をかけては、会食へ連れていって不満や要望を聞いたり、希望の委員会ポストを用意したりと、今時珍しく面倒見が良い。平成研究会の所属ですが、派閥外にも石井氏を支持する議員は多い」(政治部デスク)

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年4月5日号

文春リークス
閉じる