週刊文春 電子版

マスク使い回し大学病院、抱き合わせ商法薬局チェーンの実名

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治 企業 医療

「全国でマスク不足が深刻になっていますが、大病院ですら例外ではありません」

 そう声を潜めて語るのは、ある大学病院の関係者だ。

 2月上旬、その病院で「手術室をご利用の皆様へ」という紙が張り出されたという。そこには、なんとこう書かれていたのである。

〈マスクは血液の飛散時以外、使いまわしでお願いします。1日に何枚も使用しないでください。数日使いまわしにせよ、と病院から言われています。(ぼろぼろになるまで)〉

手術室の張り紙

 そんなお達しを出したのは、大阪府枚方市にある関西医科大学附属病院。がん診療連携拠点病院や高度救命救急センターの指定も受けている、地域の中核病院である。

 前出の関係者が語る。

「オペ室の前にマスクが置かれているのですが、在庫が少なくなってきたからか、使いまわせと張り出された。絶対的な清潔さが求められるオペ室で、あってはならないことです」

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2020年2月27日号

文春リークス
閉じる