週刊文春 電子版

中日新聞記者・ドラゴンズ応援団長・暴力団……危険な三角関係

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 メディア 企業

〈ドラ私設応援団長への強要疑い〉

 こんな見出しの記事が中日新聞に掲載されたのは4月4日のこと。中日ドラゴンズの私設応援団長らを脅した強要の疑いで2人の男が逮捕された事件を報じたものだが、実は現場には、“もう1人の男”がいた。

◆ ◆ ◆

 事件は今年1月、名古屋市内の喫茶店で起きた。

「2人の男が、中日ドラゴンズの応援団長と事務局長に対し、ナゴヤドームに不正入場したと因縁をつけ、『(応援団長を)辞めた方がええ』などと約6時間に渡り脅した。2人は元暴力団員で、そのうちの1人、Xは過去に、鉄パイプなどを使った傷害事件で逮捕歴もある」(社会部記者)

 彼らは、なぜ応援団長を脅したのか。ある球団関係者が解説する。

「かつての私設応援団は、応援のため外野自由席を占拠し、時には席を勝手に一般客に転売するなどといった不当行為が目立った時代があった。その応援団を束ねているのが、暴力団というケースもありました。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年5月24日号

文春リークス
閉じる