「脱退後2年活動禁止」NMB48“奴隷契約書”を入手

「週刊文春」編集部
エンタメ 働き方 芸能 テレビ・ラジオ 音楽

「今回の総選挙でNMB48勢が苦戦を強いられた背景には、メンバーのモチベーション低下があると言われています。その原因の一つは、彼女たちが結ばされている一方的な契約にあるのです」(芸能関係者)

◆ ◆ ◆

 6月16日にナゴヤドームで行われた「AKB48世界選抜総選挙」。松井珠理奈(21)が女王に輝き、須田亜香里(26)が2位になるなど地元・名古屋のSKE48勢がランキングを席巻する一方、NMBで選抜メンバーに入ったのは14位の吉田朱里(あかり/21)だけ。50位までに入ったNMBはたったの3人だった。

センターさや姉の流出防止策?

 AKB48やSKE48とは違い、NMBのメンバーは全員が吉本興業の関連会社に所属している。今回、小誌はNMBの某メンバーと当時の所属事務所「KYORAKU吉本.ホールディングス」との間で2010年に交わされた「専属契約書」を入手。そこには驚くべき条項があった。

〈乙(メンバー)は本契約終了日から起算して2年間は対外的な芸能活動を行ってはならず〉

この問題については6月16日(土)放送の「直撃!週刊文春ライブ」で取り上げました

 NMBの元メンバーは怒りを隠さない。

「まるで“奴隷契約”ですよ! 2年間も活動を止めたら事実上の芸能界引退です。メンバーも『“フリーター製造機”だね』って自嘲していた。そもそも吉本から毎月保障されている給料は3~4万円。それに一公演あたり1000円のギャラが出るだけなので、稼げるのはせいぜい月5万円程度。だからお金を貰って飲み会に参加する『ギャラ飲み』に行くメンバーも少なくなかった。続けるのも、辞めるのも地獄なんです」

初回登録は初月300円で
この続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

  • 月額プラン

    1カ月更新

    2,200円/月

    初回登録は初月300円

  • 年額プラン

    22,000円一括払い・1年更新

    1,833円/月

※オンライン書店「Fujisan.co.jp」限定で「電子版+雑誌プラン」がございます。ご希望の方はこちらからお申し込みください。

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 解説番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る
  • 0

  • 0

  • 0

source : 週刊文春 2018年6月28日号

無料ニュースレター登録はこちら

今すぐ登録する≫

新規登録は「初月300円」から

今すぐ登録する≫