週刊文春 電子版

「安倍昭恵さんを慰める会」を主催する女性経営者の打算

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治 メディア

 古今東西、商人は権力に近づこうとするもの。森友問題で窮地に立たされた昭恵氏に傘を差しかけたのは、保育業界の有名経営者。安倍政権との距離を縮めてきた彼女の狙いは何なのか。国家戦略特区にいたもう一人の“お友だち”との親密すぎる交際が今明らかになる。

夫も妻も“お友だち”問題

◆ ◆ ◆

 山口県下関市の割烹旅館「春帆楼」――6月2日午後8時すぎ、あたりが静寂に包まれる中、旅館スタッフはどこか落ち着かない様子で玄関を出入りする。

春帆楼

 しばらくすると白のタクシーと黒塗りの車が到着。タクシーから現れたのは、白のカットソーに黒ジャケット姿の安倍昭恵首相夫人(56)だ。6名ほどのSPを従えて旅館に入って行った。

 昭恵氏が通されたのは最上階の「帝の間」。昭和天皇が宿泊した、この旅館の貴賓室だ。窓からは関門海峡を一望でき、部屋代だけで3万円かかる。

 この部屋で昭恵夫人を迎えたのは、保育サービス業大手ポピンズの中村紀子会長(69)。東京・広尾に本社を構える女性経営者である。元アナウンサーでありながら保育業界に乗りこみ、一代で事業を拡げてきた。

ポピンズの中村会長

 大ぶりのイヤリングにウェーブのかかった金髪混じりの茶髪をセット。首相夫人を迎えるにあたり、中村氏はわざわざこの旅館に前泊して昭恵氏を待っていた。

初月100円でこの続きが読めます。

有料会員になると、
全ての記事が読み放題

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年7月5日号

文春リークス
閉じる