週刊文春 電子版

坂本弁護士一家殺害犯・岡﨑一明死刑囚6時間告白テープ〈初公開〉

ニュース 社会

 オウム真理教が東京都から宗教法人の認証を得たのは1989年のこと。この年、彼らは嬰児を含む一家3人を惨殺し、6年後に国家権力の打倒を目指す恐ろしいテロを起こす――。凶暴化の最初の一歩となった事件のキーマンの肉声が、23年の時を経て開封された。(筆者:武田賴政[ノンフィクションライター])

◆ ◆ ◆

「悲鳴はないだろうね。聞いていない。ただ、アッとか、ウッとかいうのは……。坂本弁護士の声だと思うけどね。こいつら(自分以外のメンバーを指して)がパッと入っていったときにはたぶん蹴ったり、殴ったりするよな、腹を。そうしたら、アッとか、ウッとか言うからね。そのぐらいの声は聞いたよ」

――奥さんのほうは?

「奥さんのほうはね、これ書いちゃいかんよ、『子供だけは』って言ってたよ、はじめ。それは小さい声だからわからないわけ。(ひそやかな声?)そうそう、そう。もう切羽詰まった声よ。(何度も?)いや、それは繰り返せなかったんじゃない。(略)要するにね、その狭い部屋に3人が寝てるんだよ。そこに5人が入っただけでね。わかるやろ、大体。もうグジャグジャの状態やからね」

    ◇

「わしもその場にいたんじゃ」

 7月6日、麻原彰晃を始めとする元オウム真理教信者7名の死刑が執行されたとの一報は、私の胸を騒がせた。だがそこに岡﨑一明死刑囚(57)の名はなかった。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年7月19日号

文春リークス
閉じる