週刊文春 電子版

安倍政権中枢へのカジノ「脱法献金」リスト 米業者が麻生財務相、官房副長官ら15人に

「週刊文春」編集部
ニュース 社会 政治 経済

 目下、国会審議が進むカジノ法案だが、このまま成立させていいのだろうか――。そんな疑問を抱かざるを得ないリストを取材班は入手した。そこに名を連ねるのはカジノ旗振り役のセンセイ方。横には2万円、10万円、20万円……と種々の金額が列挙されていた。

野党は反対するも審議は進む

◆ ◆ ◆

 ここに英字で書かれた2枚の文書がある。日付と受取人名、金額、支払い方法などが明記され、受取人として麻生太郎財務相や西村康稔官房副長官、自民党の萩生田光一幹事長代行ら15人の政治家の名前が列挙されている。文書は、政治資金パーティーのパーティー券の購入実績を示すもので、当日の出欠についても記されている。

麻生財務相もパー券を買ってもらった

「このリストは、米国の大手カジノ業者『シーザーズ・エンターテインメント』のアドバイザーであるX氏の記録です。官僚出身のX氏は都内でコンサルタント会社を経営、長年シーザーズの日本参入に向けたロビー活動を担ってきました。その活動報告の一端を示すのがこの文書で、米国の司法当局が入手し、疑義を持ったことから日本の捜査機関に照会してきたものなのです」(政府関係者)

 その“疑義”とはいったい何なのか。

 その背景を解説する前に、まずは日本におけるカジノ解禁に向けた動きについて振り返っておきたい。

 政治部記者が語る。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

すべての記事が読み放題
月額プランは初月100円

有料会員になると…

世の中を揺るがすスクープが雑誌発売日の1日前に読める!

  • スクープ記事をいち早く読める
  • 電子版オリジナル記事が読める
  • 音声・動画番組が視聴できる
  • 会員限定ニュースレターが読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 週刊文春 2018年7月19日号

文春リークス
閉じる